市立函館病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 市立函館病院
Hakodate City Hospital.jpg
情報
英語名称 Hakodate Municipal Hospital
前身 箱館医学所→官立函館病院→公立函館病院→区立函館病院
標榜診療科 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、血液内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、精神科、リウマチ科(休止中)、小児科、皮膚科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、泌尿器科、病理診断科、救急科、麻酔科、歯科、矯正歯科、歯科口腔外科
許可病床数

648床
一般病床:582床
精神病床:50床
感染症病床:6床


結核病床:10床
機能評価 一般病院2(500床以上):3rdG:Ver.1.0〜[1]
開設者 函館市
管理者 氏家良人(函館市病院局長)
地方公営企業法 全部適用[2]
病院事業管理者 森下清文(院長)
開設年月日 1860年
所在地
041-8680
北海道函館市港町1丁目10番1号
位置 北緯41度48分20秒 東経140度43分49秒 / 北緯41.80556度 東経140.73028度 / 41.80556; 140.73028 (市立函館病院)座標: 北緯41度48分20秒 東経140度43分49秒 / 北緯41.80556度 東経140.73028度 / 41.80556; 140.73028 (市立函館病院)
二次医療圏 南渡島
PJ 医療機関
テンプレートを表示

市立函館病院(しりつはこだてびょういん)は、北海道函館市にある病院市区町村立病院)。愛称は「函病」(かんびょう)。

沿革[編集]

  • 1860年万延元年):箱館医学所創設(現在の弥生町8番地)。
  • 1868年(明治元年):高松凌雲、箱館病院 院長に就任。
  • 1869年明治02年):「官立函館病院」に名称変更。
  • 1891年(明治24年):「公立函館病院」に名称変更。
  • 1899年(明治32年):区政施行し、「区立函館病院」に名称変更。
  • 1922年大正11年):市制施行し、「市立函館病院」に移管。
  • 1940年(昭和15年):函館市元町の旧・イギリス領事館の建物(イギリス政府より買収した建物)に移転(~1979年(昭和54年)まで。現・函館市旧イギリス領事館(開港記念館) 但し1941年(昭和16年)~1945年(昭和20年)までは、憲兵隊が接収して終戦による接収解除まで使用した時期がある。)
  • 1972年昭和47年):臨床研修病院・救急病院指定。
  • 1981年(昭和56年):救命救急センター指定。
  • 1985年(昭和60年):地域センター病院指定。
  • 1994年平成06年):地方センター病院指定。
  • 1996年(平成08年):エイズ治療拠点病院指定。
  • 1997年(平成09年):災害拠点病院指定。
  • 1998年(平成10年):臓器提供施設選定。
  • 2000年(平成12年):新病院竣工[3]。旭岡分院を統合し、一般・精神・結核・感染症病床を集約。老人性痴呆疾患センター指定。救命救急センターが充実段階A評価を受ける。
  • 2001年(平成13年):新制度の臨床研修病院指定。市立函館病院基本理念制定(2005年改定)。
  • 2003年(平成15年):さい帯血移植実施施設認定。
  • 2004年(平成16年):非血縁者間骨髄移植実施施設および非血縁者間骨髄採取施設認定。市町村合併により、恵山町および南茅部町の病院事業を統合。
  • 2005年(平成17年):6階東病棟に無菌室増設。市立函館病院基本理念を改定。「基本方針」「患者の権利および責任」を制定。
  • 2006年(平成18年):日本医療機能評価機構病院機能評価Ver.5認証。地方公営企業法全部適用。外来全面院外処方実施。
  • 2007年(平成19年):地域がん診療連携拠点病院認定。
  • 2008年(平成20年):D P C(診断群分類別包括評価)の導入。
  • 2009年(平成21年):外来問診センター設置。
  • 2010年(平成22年):「なんでも相談コーナー」設置。
  • 2011年(平成23年):日本病院機能評価機構 Ver.6認証。
  • 2013年(平成25年):臨床研修評価機構認定病院。シネアンギオ棟運用開始。
  • 2014年(平成26年):臨床検査の国際標準規格ISO15189の認定を受ける。
  • 2015年(平成27年):道南ドクターヘリ就航[4][5]
  • 2016年(平成28年):日本医療機能評価機構 3rdG:Ver .1.1認証。
  • 2018年(平成30年):地域医療支援病院の指定を受ける。

機関指定[編集]

救命救急センター エイズ治療拠点病院
地方・地域センター病院 臨床研修指定病院
災害拠点病院 臓器提供施設
地域がん診療連携拠点病院 地域医療支援病院

診療科等[編集]

診療科

専門外来

  • ストーマ外来
  • 大動脈瘤外来
  • 下肢静脈瘤レーザー外来
  • PAD(末梢動脈疾患)・フットケア外来

部門

  • 看護局看護科
  • 薬局
  • 中央放射線部
  • 中央検査部
  • リハビリ技術科
  • 治験
  • 栄養管理科
  • 医療安全管理室

施設認定[編集]

日本内科学会認定医制度教育病院 日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設
日本血液学会認定血液研修施設 骨髄バンク非血縁者間骨髄採取認定施設・移植認定診療科
日本さい帯血バンクネットワーク登録移植医療機関 日本消化器病学会専門医制度認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設 日本肝臓学会認定施設
日本心血管インターベンション治療学会研修施設 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本呼吸器学会認定施設 日本呼吸器内視鏡学会関連認定施設
日本小児科学会小児科専門医制度研修施設 日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医暫定補完研修施設
日本神経学会専門医制度准教育施設 日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
日本外科学会外科専門医制度修練施設(指定施設) 日本消化器外科学会専門医修練施設
日本大腸肛門病学会認定施設 日本外科感染症学会外科周術期感染管理教育施設
日本乳癌学会専門医制度認定施設 新規 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会エキスパンダー実施施設
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会インプラント実施施設 3学会構成心臓血管外科専門医認定機構基幹施設
関連10学会構成ステントグラフト実施基準管理委員会ステントグラフト実施施設(腹部大動脈瘤ステントグラフト実施基準による血管内治療の実施施設・ 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施基準による血管内治療の実施施設)
呼吸器外科専門医合同委員会関連施設 日本脳神経外科学会研修プログラム研修施設
日本脳卒中学会認定研修教育病院 日本整形外科学会専門医研修施設
日本手外科学会認定研修施設(基幹) 日本リハビリテーション医学会研修施設
日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設 婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構登録参加施設
日本眼科学会専門医制度研修施設 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設 日本形成外科学会認定施設
日本麻酔科学会麻酔科認定病院 日本集中治療医学会専門医研修施設
日本救急医学会救急科専門医指定施設 日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設
日本病理学会病理専門医制度研修認定施設A 日本臨床細胞学会施設認定
日本がん治療認定医機構認定研修施設 日本静脈経腸栄養学会NST(栄養サポートチーム)稼動施設
日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム専門療法士実地修練認定教育施設 日本人間ドック学会優良2日ドック施設
日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師研修事業 研修施設 日本緩和医療学会認定研修施設

アクセス・駐車場[編集]

五稜郭駅から函館バスによるシャトルバスが運行している(料金200円)。隣にはポールスターショッピングセンターが立地している。

  • 函館バス「市立函館病院」バス停下車
  • 五稜郭駅から車で約5分
  • 函館フェリーターミナルから車で約5分
  • 函館駅から車で約10分
  • 函館空港から車で約25分
  • 駐車場511台(障害者専用12台)
  • 駐輪場60台

関連施設[編集]

  • 市立南茅部病院
  • 市立恵山病院
  • 市立函館病院高等看護学院
  • 院内保育施設

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 市立函館病院”. 日本医療機能評価機構. 2016年11月7日閲覧。
  2. ^ 道内市町村立病院の地方公営企業法適用状況 (PDF)”. 北海道 (2015年). 2017年2月11日閲覧。
  3. ^ “函病引っ越し どうなる市民生活 上 通院 駅利用に難所の階段 駐車場は無料時間延長も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2000年10月5日)
  4. ^ 道南ドクターヘリ”. 市立函館病院事務局. 2016年11月7日閲覧。
  5. ^ 鈴木勝一(2015年2月17日). “ドクターヘリ:就航式 道南・市立函館病院を基地に”. 毎日新聞 (毎日新聞社)