帆純まひろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

帆純 まひろ(ほずみ まひろ、3月15日[1][2] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役スター。

兵庫県西宮市[1][3][2]市立甲陵中学校出身[1][3]。身長170cm[1][2]。愛称は「せの」、「ホッティー」、「まひろ」、「ほっちゃん」[1]

来歴[編集]

2011年、宝塚音楽学校入学。

2013年、宝塚歌劇団に99期生として入団[3][4][2]。入団時の成績は27番。雪組公演「ベルサイユのばら」で初舞台[1][4][2]

2014年、組まわりを経て花組に配属[4][2][2]

2019年、仙名彩世退団公演となる「CASANOVA」で、新人公演初主演[3][4][5][2]。99期生からは初の新人公演主演者誕生となった[2]

人物[編集]

幼少の頃からバトントワリングに取り組み、全国大会では優勝常連のチームで腕を磨き、大阪御堂筋パレードでも活躍した[2]

バトンの先生が宝塚ファンでもあり、2005年宙組公演「炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ」で宝塚初観劇[2]。ショーで楽しそうにキラキラと歌ったり踊ったりしている姿に感動[2]。中学2年でバトン個人の部で全国大会に進出したのを機に、音楽学校の受験勉強に照準を切り替えた[2]

元雪組トップスター・早霧せいな似の美貌で注目を集め、本人からも「下級生の頃の私に似ている」と直接言われた過去をもつ[2]

祖父は実業家の大坪清[6]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、27頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 帆純まひろ、「CASANOVA」新人公演で待望の初センター 背中で語れる男役に”. スポーツ報知. 2019年2月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f <華宝塚>真っすぐな心で、人を幸せに 帆純まひろ(花組)”. 東京新聞. 2019年5月27日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ a b c d e f g h i j 新人公演初主演の舞台は美しきプレイボーイ・カサノヴァ”. ウィズたからづか. 2019年3月1日閲覧。
  5. ^ a b 帆純まひろ初主演「心あれば」明日海りお助言支えに”. 日刊スポーツ. 2019年2月26日閲覧。
  6. ^ [1]日本経済新聞2020/3/31
  7. ^ a b 水美舞斗のルキーニ再び!宝塚花組「Dream On!」開幕”. スポーツ報知. 2019年5月22日閲覧。