希望の神学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

希望の神学(きぼうのしんがく、ドイツ語: Theologie der Hoffnung)は20世紀の主要な神学的流れだった、弁証法的神学や実存的神学が見失った領域に注目して、未来の希望を軸とした、社会論と歴史形成論とを内容にする、1960年代後半より登場した現代神学の一つの流れ。主唱者にユルゲン・モルトマンヴォルフハルト・パネンベルクがいる。

参考文献

  • 宇田進『希望の神学』「新キリスト教辞典」いのちのことば社、1991年
執筆の途中です この項目「希望の神学」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めています(P:キリスト教/PJ:キリスト教)。

過去1時間の間にもっとも読まれた記事
バニラビーンズ 緒形拳 水嶋ヒロ アントニオ・ロッカ 進藤孝生 新日鉄興和不動産 安達征耶 新日鐵住金 坂下麻衣 安藤サクラ 間宮兄弟 前山田健一 福島第一原発事故 沢田研二 永井智美 滝川英治 三又又三 ウェンツ瑛士 吉澤ひとみ ウルトラセブンの登場怪獣
「希望の神学」のQ&A
1  大学院入試
2  ラテン語に一番近いのは?
3  宗教学を深く学べる大学
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について