帚木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

帚木は、

  1. ホウキギ(箒木) - アカザ科の植物。茎は干してにし、実はとんぶりと呼んで食用とする。別名ホウキグサコキア
  2. 帚木(ははきぎ) - 長野県下伊那郡阿智村園原伏屋にあるヒノキの木。後述。
  3. 帚木 (源氏物語)(ははきぎ) - 『源氏物語』五十四帖の巻の一つ。第2帖。貴人たちの女性談義「雨夜の品定め」があることで知られる。

帚木(ははきぎ)は信濃国園原伏屋にある木。遠くから見ればを立てたように見えるが、近寄ると見えなくなるという伝説の木で、『延喜五年平貞文家歌合』、『古今和歌六帖』の坂上是則の歌「園原や伏屋に生ふる帚木のありとてゆけど逢はぬ君かな」で広く知られ、『新古今和歌集』に撰歌(ただし、新古今では、「ありとは見えて」。)された。そこから、近づいても逢ってくれない人、逢えそうで逢えない人の喩えに用いられ、『源氏物語』では第二帖の巻名にもなった(この場合の逢えない相手は空蝉。「帚木 (源氏物語)」参照)。また、ははきぎの「はは」が「母」に通うことから、まだ見ぬ母の喩えにも使われた。

帚木の名を伝える檜の木は現存し、長野県阿智村園原の月見堂(伝教大師=最澄が立てた広拯院の跡地と考えられている)の裏手に根元の幹のみが残っている。