帝国船舶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
帝国船舶株式会社
種類 株式会社
設立 1940年7月
業種 海運業
事業内容 外国船の取得・傭船
代表者 代表取締役 黒川新次郎(設立時)
資本金 1千万円(設立時)
主要株主 日本郵船大阪商船三井物産山下汽船川崎汽船国際汽船、大同海運、三菱商事辰馬汽船(持ち分は各1/9)
特記事項:1946年11月解散決議
テンプレートを表示

帝国船舶株式会社(ていこくせんぱく)は、第二次世界大戦期の日本に存在した海運会社である。戦時体制下での外国船による船腹確保を目的として、大手海運会社9社の出資により設立された国策会社であった。

沿革[編集]

1937年(昭和12年)の日中戦争開始による軍需輸送の増大や、1939年(昭和14年)の第二次世界大戦開始による世界的な船舶需要拡大、各国の海運統制強化などのため、日本は商船の船腹不足に悩むようになった。そこで、外国船取得による自国商船確保を目的として、政府の要請を受けて設立されることになったのが帝国船舶である[1]

設立には、日本郵船大阪商船三井物産(船舶部)、山下汽船川崎汽船国際汽船、大同海運、三菱商事(船舶部)および辰馬汽船の大手海運会社9社が参加した。資本金1000万円は各社が均等出資し、役員も各社へ1人ずつ均等に割り当てられ、代表者には国際汽船社長の黒川新次郎が選ばれた[2]

設立後は政府の統制下で運営されたが、太平洋戦争終結後の1946年(昭和21年)11月に株主総会で解散が決議され、消滅することになった[1]

事業[編集]

設立目的の通り、帝国船舶は外国船舶の確保を事業内容とした。1940年(昭和15年)8月6日に帰国不能となって大連港に在泊中のドイツ商船2隻を購入したのを皮切りに、当初は外国船の購入を進め、1941年(昭和16年)2月末までにドイツ、パナマノルウェーギリシャ船籍などの商船11隻を取得した。それ以降は国際情勢の影響などで購入が困難となったことから、傭船中心に切り替え、1944年(昭和19年)までに42隻を雇い入れている。太平洋戦争中には、政府間交渉で徴用された貨客船「帝亜丸」(17,536トン、旧仏船Aramis)などフランス船11隻を依託された。帝国船舶の管理下に入った外国船の多くは、陸軍輸送船「帝興丸」(15,105トン、旧仏船D'Artagnan)や「帝北丸」(5,795トン、旧仏船Persee)などのように「帝」の文字で始まる船名に変更されている。

実際の船舶の運航は帝国船舶が行うのではなく、出資した各海運会社に委託または転貸する形式で行われた[3]1942年(昭和17年)の船舶運営会設立後は、国家徴用船として船舶運営会に一括傭船され、さらに民間の海運会社へと運航委託されている。一般の海運会社保有船と同様、軍による徴用の対象にもなった。

ビスマルク海海戦で撃沈された貨客船「帝洋丸」(6,863トン、旧独船Saarland)など保有船のほとんどが戦没し、終戦の日の残存船は帝山丸(1,544トン、元スウェーデン船Miramar)と、貨物船帝宝丸(1,230トン、元独船Bogota)の2隻[注釈 1] のみであった[3]

船舶一覧[編集]

  1. 帝雲丸(1,548トン) - 旧貨物船ブレーメルハーフェン(Bremerhaven)。1940年8月6日購入。1942年1月1日、リンガエン湾にて触雷沈没。
  2. 帝海丸(三井物産船舶部委託、7,691トン) - 旧独貨客船フルダ(Fulda)。1940年8月6日購入。1944年12月30日、マタ38船団参加中、ルソン島西方沖で空爆を受けて大破炎上。総員退去後、漂流し座礁。
  3. 帝洋丸(内外汽船委託、6,863トン) - 旧独貨客船ザールランド(Saarland)。1940年9月30日購入。1943年3月3日、ニューギニア島南東沖で空爆を受け被弾沈没[4]。(ビスマルク海海戦)
  4. 帝龍丸(大連汽船委託、6,550トン) - 旧独貨物船アウグスブルグ(Augsburg)。1940年12月5日購入。1944年7月19日、ユタ09船団参加中[5]、ルソン島北西沖で米潜ガードフィッシュの雷撃により沈没[6]
  5. 帝坤丸(飯野海運委託、5,113トン) - 旧独タンカーヴィネトウ(Winnetou)。1941年4月26日傭船。1944年8月12日、ミ13船団参加中[7]ミンドロ島沖で米潜パファーの雷撃により沈没[8]
  6. 帝祥丸(川崎汽船委託、7,974トン) - 旧独貨物船ハーフェンシュタイン(Havenstein)。1941年4月26日傭船。1944年10月12日、高雄沖にて空爆を受け被弾沈没。
  7. 星丸(山下汽船委託、2,897トン) - 旧ノルウェー貨物船フォッシュ(Foch)[9]。1941年7月7日傭船。1945年7月25日、舞鶴付近で触雷沈没。
  8. 泰丸(4,713トン) - 旧ギリシャ貨物船バレンタイン(Valentine)[10]。1941年8月12日傭船。1942年9月24日、樺太沿岸で座礁し、のち沈没。
  9. トルナトール号(山下汽船委託、4,964トン) - 旧フィンランド貨客船トルナトール(Tornator)。1941年8月16日傭船。1942年1月26日、御前崎東方で座礁し、30日放棄[11]
  10. 帝仙丸(三菱汽船委託、5,050トン) - 旧独貨物船ウルスラ・リクマス(Ursula Rickmers)。1941年8月21日傭船。1944年5月3日、パラワン島北西沖で米潜フラッシャーの雷撃により沈没[12]
  11. 浦戸丸(山下汽船委託、5,903トン) - 旧ギリシャ貨客船エラト(Erato)[13]。1941年9月6日傭船。1944年10月19日、マニラにて空爆を受けて被弾沈没。(マニラ空襲)
  12. 帝久丸(2,332トン) - 旧デンマーク貨物船グスタフ・ディーデリヒセン(Gustav Diedericksen)[14]。1941年10月傭船[注釈 2]。1942年9月2日、襟裳岬南東沖で米潜ガードフィッシュの雷撃により船体を分断され沈没[15][16]
  13. 帝安丸(5,387トン) - 旧貨物船ヴェネツィア・ジュリア(Venezia Giulia)[注釈 3][10]。1941年12月1日傭船。1942年1月9日、房総半島沖で米潜ポラックの雷撃により沈没[注釈 4][17][18]
  14. アンネット・フリッツェン号(東亜海運委託、2,774トン) - 旧フィンランド貨物船ティルダ(Tilda)[注釈 5][9]。1941年12月21日傭船。1945年7月26日、釜山港外で触雷沈没。
  15. 杭寧丸(山下汽船委託、1,922トン) - 旧伊貨物船フリエリ・コンソリーニ(Furiere Consolini)。1941年12月傭船。1944年8月2日、三重県沖で米潜トートグの雷撃により沈没。
  16. 帝福丸(辰馬汽船委託、5,198トン) - 旧独貨物船R.C.リクマス(R.C.Rickmers)。1941年12月購入。1942年12月29日、犬吠埼沖で米潜トリガーが敷設した機雷に触れて大破し座礁。1943年1月4日放棄[19][20]
  17. 巴竜丸(山下汽船委託、3,904トン) - 旧伊貨物船グレナティエーレ・パドゥーラ(Granatiere Padula)。1941年12月傭船。1943年9月1日、朝鮮半島沿岸で座礁し、のち沈没。
  18. 八紘丸(共同企業委託、6,046トン) - 旧パナマ捕鯨母船クリフォード(Clifford)。1941年12月購入。1944年1月4日、ナトゥナ諸島北北東沖で米潜ブルーフィッシュの雷撃により沈没[21][注釈 6]
  19. 青木丸(山下汽船委託、3,710トン) - 旧伊貨物船アンバ・アラジ(Amba Aragi)[22]。1941年12月傭船。1944年11月13日、マニラにて空爆を受けて被弾沈没。(マニラ空襲)
  20. 燕京丸(山下汽船委託、2,278トン) - 旧伊貨客船エンデッタ(Enderta)。1941年傭船。1945年4月18日、済州島近海にて空爆を受け被弾沈没。
  21. プルート号(山下汽船委託、3,832トン) - 旧ポルトガル貨物船プルート(Pluto)[9]。1942年1月10日傭船。1945年6月24日、珍島西方沖にて空爆を受け被弾沈没。
  22. 帝楓丸(三井物産船舶部委託、7,110トン) - 旧仏貨物船ブーゲンヴィル(Bougainville)。1942年4月12日傭船。1945年1月21日、高雄で空爆を受け沈没。(グラティテュード作戦)
  23. 帝春丸(東亜海運委託、2,251トン) - 旧仏貨物船タイ・スン・ホン(Tai Seun Hong)。1942年4月傭船。1942年8月26日、中国台山列島東方沖で米潜ハダックの雷撃により沈没[23]
  24. 帝村丸(三井物産船舶部委託、7,007トン) - 旧仏貨物船ヴィル・ド・ヴェルダン(Ville de Verdun)[24]。1942年4月傭船。1942年10月14日、第174船団参加中、台湾[25]で米潜フィンバックの雷撃を受け漂流した後沈没[26][27][28]
  25. 帝欣丸(東亜海運委託、1,972トン) - 旧仏貨物船キンディア(Kindia)。1942年4月傭船。1943年7月27日、海南島西岸沖で米潜タンバーが敷設した機雷[29]に触れ沈没。
  26. 帝香丸(大阪商船委託、8,007トン) - 旧仏貨客船キャプ・ヴァレラ(Cap Varella)。1942年4月傭船。1945年5月7日、響灘で触雷沈没。
  27. 帝立丸(大阪商船委託、9,877トン) - 旧仏貨客船ルコント・ド・リール(Leconte de Lisle)。1942年4月傭船。1945年7月28日、舞鶴南方沖で触雷大破、座礁放棄。1948年8月18日に浮揚修理され、1950年12月22日返却。
  28. 帝北丸(三井物産船舶部委託、5,795トン) - 旧仏貨物船ペルセ(Persee)。1942年4月傭船。1945年8月11日、朝鮮半島東岸沖で米潜ジャラオの雷撃により沈没。
  29. 帝興丸(日本郵船委託、15,105トン) - 旧仏貨客船ダルタニャン(D'Artagnan)。1942年5月6日傭船。1944年2月22日、南ナツナ島東北東沖で米潜パファーの雷撃により沈没[30][31][32]
  30. 帝亜丸(日本郵船委託、17,536トン) - 旧仏貨客船アラミス(Aramis)。1942年5月6日傭船。1944年8月18日、ヒ71船団参加中、ルソン島北西沖で米潜ラッシャーの雷撃により沈没[33][34]
  31. 帝連丸(東亜海運委託、3,004トン) - 旧仏貨客船グーベルヌール・ジェネラル・アレクサンダー・ヴァレンヌ(Gouverneur General Alexander Varenne)。1942年5月16日傭船。1943年12月1日、香港で空爆を受け沈没。
  32. 安宅丸(山下汽船委託、5,248トン)[35] - 旧伊貨客船アダ(Ada)。1942年6月1日傭船。1943年8月23日、第7822船団参加中、遠州灘で米潜パドルの雷撃により沈没[36][37]
  33. 帝美丸(大阪商船委託、10,085トン) - 旧仏貨客船ベルナルタン・ド・サン・ピエール(Bernardin de Saint Pierre)。1942年6月傭船。1943年10月10日、第432船団参加中[38]カムラン湾北東沖で米潜ボーンフィッシュの雷撃により沈没。
  34. 帝望丸(三菱汽船委託、4,472トン) - 旧デンマーク貨物船ノルドボ(Nordbo)[39]。1942年7月13日傭船。1942年9月25日、第336船団[40]参加中、インドシナ半島近海で米潜サーゴの雷撃により沈没[41]
  35. 帝瑞丸(大同海運委託、5,428トン) - 旧独貨客船モーゼル(Mosel)。1942年11月2日傭船。1945年4月18日、関門海峡で触雷大破、座礁放棄。
  36. 帝雄丸(5,753トン) - 旧伊貨物船カリニャーノ(Carignano)。1942年傭船。1944年11月13日、マニラにて空爆を受けて被弾沈没。(マニラ空襲)
  37. 南進丸(南洋海運委託、1,422トン) - 旧中国貨客船泳安(Yun-Gan)[9]。1943年3月23日傭船。1944年6月16日、マカッサル海峡で米潜ブルーフィッシュの雷撃により沈没[42]
  38. 松王丸(山下汽船委託、1,911トン) - 旧伊貨物船マテオ・リッチ(Matteo Ricci)[13]。1943年8月17日傭船。1945年6月13日、関門海峡で触雷沈没。
  39. 帝珠丸(1,230トン) - 旧独貨物船キト(Quito)。1944年傭船。1945年4月29日、ボルネオ島沖で米潜ブリームの雷撃により沈没[43][44]
  40. 帝山丸(三井船舶委託、1,554トン) - 旧スウェーデン貨客船ミラマー(Miramar)。1944年傭船。終戦時残存。終戦後米軍に接収され、1949年9月返却。
  41. 帝宝丸(川崎汽船委託、1,230トン) - 旧独貨物船ボゴタ(Bogota)。1944年傭船。終戦時残存。終戦後米軍に接収され、ボゴタ丸として運航。1950年返却。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その他、1945年7月28日に触雷して座礁放棄されていた貨客船帝立丸(大阪商船運航、9,877トン、旧仏船Leconte de Lisle)が1948年8月18日に浮揚修理された。
  2. ^ 1940年4月24日に日本が拿捕している。
  3. ^ 元はユーゴスラビア貨物船トミスラフ(Tomislav)を拿捕したもの。
  4. ^ 日本近海で潜水艦により撃沈された最初の日本輸送船となる
  5. ^ 1942年にドイツ船籍となり、アンネット・フリッツェン(Annette Fritzen)に改名。
  6. ^ 元々アメリカで建造された船ゆえ知られていたのか、"HAKKO MARU (Ex "CLIFFORD"), 6,035 gross tons. whale factory converted to oil tanker. " とある(#SS-222, USS BLUEFISH, Part 1p.122)。

出典[編集]

  1. ^ a b #郵船戦時下p.653
  2. ^ 海運統制の前進“帝国船舶”の誕生―興味ある船腹拡充 国策会社の意義」『神戸新聞』 1940年6月24日。
  3. ^ a b #郵船戦時下p.654
  4. ^ #戦史叢書96ガ島撤収後p.60-61
  5. ^ #一護1907p.34
  6. ^ #SS-217, USS GUARDFISH, Part 2p.82-84
  7. ^ #SS-268, USS PUFFERp.219-220
  8. ^ #SS-268, USS PUFFERp.221-223, p.245-246
  9. ^ a b c d #帝船p.5
  10. ^ a b #帝船p.2
  11. ^ #芬蘭船 p.63,66
  12. ^ #SS-249, USS FLASHERpp.46-48
  13. ^ a b #帝船p.4
  14. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II Chapter IV: 1942” (英語). HyperWar. 2012年2月29日閲覧。
  15. ^ #SS-217, USS GUARDFISH, Part 1p.20,32
  16. ^ #大警1709pp.10-11
  17. ^ #SS-180, USS POLLACKpp.16-17
  18. ^ #横鎮1701(2)p.17
  19. ^ #横防戦1712(1)p.24, p.49-50
  20. ^ #横防戦1712(2)p.57-60
  21. ^ #松井p.92-93
  22. ^ #帝船p.3
  23. ^ #SS-231, USS HADDOCKp.16
  24. ^ #再傭船船舶表p.20
  25. ^ #馬警1710p.3
  26. ^ #馬警1710p.3-4
  27. ^ #一護1710p.16
  28. ^ #SS-230, USS FINBACKp.26-27
  29. ^ #SS-198, USS TAMBORp.110
  30. ^ #SS-268, USS PUFFERp.102-104
  31. ^ #郵船戦時上p.537, p.539-540
  32. ^ #野間p.404
  33. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II(2011年11月28日閲覧)
  34. ^ #駒宮p.226
  35. ^ Chapter V: 1943” (英語). The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II. HyperWar. 2012年6月18日閲覧。
  36. ^ #SS-263, USS PADDLEp.21, p.36-37
  37. ^ #伊勢防1808(2)p.3
  38. ^ #SS-223, USS BONEFISH, Part 1p.24
  39. ^ #再傭船船舶表p.20
  40. ^ #一護1709p.36
  41. ^ #USS SARGO, Part 1p.160
  42. ^ #SS-222, USS BLUEFISH, Part 1p.218
  43. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II Chapter VII: 1945” (英語). HyperWar. 2012年4月26日閲覧。
  44. ^ #SS-243, USS BREAMp.283-284, p.303-304

参考文献[編集]