帝塚山大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
帝塚山大学短期大学部
大学設置 1961年
創立 1941年
廃止 2005年
学校種別 私立
設置者 学校法人帝塚山学園
本部所在地 奈良県奈良市学園南3-1-3
学部 文芸学科[注 1]→文化環境学科
 日本文芸専攻[注 2]
 日本文化史専攻[注 2]
 英米語専攻[注 2]
人間環境学科
 人間環境専攻
 食物栄養専攻
研究科 文芸専攻[注 3]
家庭生活専攻[注 3]
テンプレートを表示

帝塚山大学短期大学部(てづかやまだいがくたんきだいがくぶ、英語: Tezukayama College)は、奈良県奈良市学園南3-1-3に本部を置いていた日本私立大学である。1961年に設置され、2005年に廃止された。大学の略称は帝塚山短大、帝短。学生募集は2003年度まで。2004年度より帝塚山大学への全面改組により短期大学は学生募集を停止し、2005年7月29日廃止[1]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 帝塚山大学短期大学部にはまず文芸学科が置かれており、なかでも日本文化史に関する専門科目は全国の短大でも極めて稀であった。「奈良学研究」と題したユニークな科目が置かれていたところにもまた特色があった。ほか、陶芸・織物・染色・工芸といった芸術系の要素も交えた科目が置かれていたところにも特色があった[2]
  • 人間環境学科には、栄養士を養成する専攻課程があった。

学風および特色[編集]

  • 帝塚山大学短期大学部は、大学に先駆けて設置された。
  • 開学以来、女子を対象とした短大となっていた。

沿革[編集]

  • 1961年 帝塚山短期大学(てづかやまたんきだいがく)として開学。
    • 文芸科(学生数 50[3][4]
    • 家庭生活科(学生数 女50[3][4]
  • 1965年 文芸科を分離。
    • 日本文芸専攻
    • 英米文芸専攻
  • 1967年 家庭生活科を分離。
    • 家庭生活専攻
    • 食物栄養専攻
  • 1971年 文芸科を文芸学科に改称。
  • 1976年 文芸学科に日本文化史専攻が設置される。
  • 1982年 家庭生活科を家庭生活学科に改称。
  • 1984年 専攻科を設置。
  • 1999年 学生数
    • 文芸科(学生数 女646[3][5]
    • 家庭生活科(学生数 女633[3][5]
  • 2000年 帝塚山大学短期大学部と改名。
  • 2002年 家庭生活学科を人間環境学科に、文芸学科を文化環境学科にそれぞれ改組。
  • 2003年度をもって学生募集を終了。翌年度より帝塚山大学に統合。
  • 2005年7月29日廃止[1]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 奈良県奈良市学園南3-1-3

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 文芸学科[注 1]→文化環境学科
  • 家庭生活学科→人間環境学科
    • 家庭生活専攻→人間環境専攻
    • 食物栄養専攻

専攻科[編集]

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格
  • 栄養士
    • 家庭生活学科
      • 食物栄養専攻
  • 司書教諭
    • 文芸学科
    • 家庭生活科家庭生活専攻

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 帝塚山大学短期大学部の学園祭は「茜祭」と呼ばれていた[2]

スポーツ[編集]

  • 軟式庭球部は関西6大学1部リーグで活躍、西日本大会で2年連続3位、全日本短大戦で全国優勝を連勝していた[2]
  • 軟式野球部が、関西女子野球選手権で4位の成績を修めたことがある[2]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 帝塚山大学短期大学部には法人全体としての「帝塚山学園」同窓会組織がある。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

  • 森礒吉
  • 大伴公馬
  • 古瀬謹一

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 近鉄奈良線学園前から徒歩1分。学園前キャンパスで就学した。
  • キャンパス内には11号館・14号館さらに1999年9月に新設された16号館があった[2]
  • 図書館は、11号館にあり、所蔵資料数は200,000冊を超えていた。その床には、旧添下郡富雄村伏見村との境界線記録のモニュメントが打ち込まれた[2]

学生食堂[編集]

  • 帝塚山大学短期大学部の学生食堂(学食)は、14号館に置かれていた[2]

[編集]

  • 帝塚山大学短期大学部には学生寮があり、収容定員は108人となっていた[2]

対外関係[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 公開講座を行っていた。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2001年度入学生まで。
  2. ^ a b c d e f g h 学生募集は1999年入学生で最終。
  3. ^ a b c d 修業年限は1年制。

出典[編集]

  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』288頁より。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 2000年度入学案内小冊子より。
  3. ^ a b c d 出典:『全国学校総覧
  4. ^ a b 昭和37年度版26頁より。
  5. ^ a b 2000年度版80頁より。

参考文献[編集]

関連項目[編集]