帝鑑の間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

帝鑑の間(ていかんのま)は、江戸城本丸表屋敷のなかの白書院下段の間の東につらなる部屋。

北は連歌間につづき、東は畳縁(たたみべり)の入側(いりかわ)の外に伯夷・叔斉をえがいたスギ戸をたて、さらに入側をへだてて紅葉間ととなりあい、南は畳縁あって中庭に面し、松の廊下と相対する。

天井は格天井であり、には歴代将軍の亀鑑となるべき代の帝王をえがく(これが室名のおこるゆえんである)。

将軍が白書院に出て諸侯を引見するさい、この間に詰める諸侯を「帝鑑間詰」という。 越前庶流、10万石以上の諸大名および交代寄合その他がこれに属する。慶応2年の武鑑によれば、家門4家、譜代60家、合わせて64家が挙げられている。石高は1万石ないし10万石余、そのうち5万石およびそれ以上のものが28家、その他は5万石以下である。無城のものが10家である。

関連項目[編集]