師匠シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
師匠シリーズ
ジャンル オカルト
小説
著者 ウニ
出版社 双葉社
巻数 既刊2巻
漫画
原作・原案など ウニ
作画 片山愁
出版社 少年画報社
掲載誌 ヤングキングアワーズ
レーベル ヤングキングコミックス
発表号 2013年12月号 - 2018年5月号
巻数 全7巻
漫画:師匠シリーズ 〜師匠と僕と〜
原作・原案など ウニ
作画 高内優向
出版社 少年画報社
掲載誌 月刊ヤングキングアワーズGH
レーベル ヤングキングコミックス
発表号 2014年12月号 - 2017年2月号
巻数 全1巻
テンプレート - ノート

師匠シリーズ』(ししょうシリーズ)は、ウニによるオカルト連作短編小説。同人誌およびpixivで更新中。

概要[編集]

作者が2ちゃんねるオカルト板pixiv2003年から投稿していたもので、自身をモデルにした「語り部」が大学で出会った「師匠」と呼ばれる先輩とのオカルト体験を描くもの。作品はネットにて公開したものについては商業利用以外の2次使用および拡散が認められており、まとめサイトなどで閲覧が可能となっている。

書籍は双葉社により2014年から発売。またコミカライズ版はそれに先立ち2013年より行われている。さらに映像化作品として2016年以降映画テレビアニメテレビドラマが製作される予定であったが、実際には公開に至っていない。なおこれら作品のイメージキャラクターには高杉真宙が抜擢され、プロモーションアニメで「俺」役を演じている[1]。アニメ部分はぴえろプラスが制作している。

2016年8月にJFN系列にてラジオドラマが特番として放送された。

キャラクター[編集]

はラジオドラマのもの。

俺(僕)
声 - 高杉真宙
この物語の語り部で、作者のウニ。地方大学の1年生。多少ながら霊感の持ち主。
師匠
声 - 関智一
「俺」の通う大学の大学院1回生(2留)。強い霊感を持つ、オカルトマニア。
歩く(倉野木綾)
師匠の彼女。大学3年生。たまに予知夢を見る。
京介(山中ちひろ)
ネットのオカルトフォーラムの住人。「京介」はハンドルネームでその由来は自身が氷室京介の大ファンなため。正体は21歳の女性。
音響
声 - まこと
オカルトフォーラムの住人で同じく名前はハンドルネーム。正体はゴスロリ趣味の中学生の女子。
浦井加奈子
声 - 朴璐美
師匠にとっての「師匠」の女性。彼の思い出話に度々登場する。

漫画[編集]

片山愁版[編集]

片山愁の作画により、『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)にて、2013年12月号から2018年5月号まで連載。

高内優向版[編集]

師匠シリーズ 〜師匠と僕と〜』(ししょうシリーズ ししょうとぼくと)のタイトルで高内優向が作画を担当。『月刊ヤングキングアワーズGH』(同社)にて、2014年12月号から2017年2月号まで連載。こちらは登場人物を二頭身のキャラクターにしたコミカル色の強い作風となっている。

書誌情報[編集]

単行本[編集]

  • ウニ『師匠シリーズ』(双葉社) 表紙イラスト:綿貫芳子
    1. 師事 2014年1月21日発売 ISBN 978-4-575-23848-8
    2. 4つの顔 2014年5月28日発売 ISBN 978-4-575-23861-7

コミック[編集]

  • ウニ(原作)、片山愁(作画)『師匠シリーズ』(ヤングキングコミックス)、全7巻
    1. 師事 2014年5月30日発売 ISBN 978-4-7859-5300-3
    2. 黒い手 2015年2月28日発売 ISBN 978-4-7859-5486-4
    3. 花 2015年9月30日発売 ISBN 978-4-7859-5633-2
    4. 人形 2016年7月30日発売 ISBN 978-4-7859-5827-5
    5. デス・デイ・パーティ 2017年3月30日発売 ISBN 978-4-7859-5982-1
    6. 四つの顔 2017年9月30日発売 ISBN 978-4-7859-6090-2
    7. 失踪 2018年7月30日発売 ISBN 978-4-7859-6251-7
  • ウニ(原作)、高内優向(作画)『師匠シリーズ 師匠と僕と』(ヤングキングコミックス)、全1巻
    1. 2017年3月30日発売 ISBN 978-4-7859-5983-8

ラジオドラマ[編集]

2016年8月にJFN各局にて55分の特番が放送。「三人目の大人」「貯水池」「黒い手」の全3話で構成される。出演は上記の他に稲川淳二鶴見辰吾比企理恵ほか。監督・脚本は清水厚が担当する。

脚注[編集]