師恩の恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:果実の画像提供をお願いします。2012年10月

師恩の恵(しおんのめぐみ)とは日本柑橘である。神奈川県湯河原町にて育成された。2001年3月13日に品種登録された。なお、出願時の名称は「シオン」であった[1][注釈 1]

来歴[編集]

1979年昭和54年)に神奈川県足柄下郡湯河原町において、「清見」に「ミネオラ」を交配し、神奈川県農業総合研究所根府川試験場(現:神奈川県農業技術センター足柄地区事務所 根府川分室)の協力を得て特性の調査を継続し、1996年平成8年)にその特性が安定していることを確認して育成を完了した[1]

特徴[編集]

果実の形は扁球、重さはやや重く、色は濃橙である。果皮は厚く、やや剥きにくい。果汁は多く、甘味はやや高く、酸味は低い。香気の多少は中で、種子は無い。育成地である神奈川県湯河原町では2月中下旬に成熟する。[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 岩崎藤助、梶浦実、高橋郁郎、藤田克次の恩に対して

関連項目[編集]