帯正子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

帯 正子(おび まさこ、1924年1月10日 - 2004年8月31日[1])は、日本の作家。

東京府生まれ。本姓・帯刀。青山学院女子専門学校(現・青山学院女子短期大学)卒。1965年『背広を買う』で女流新人賞受賞[2]。娘の帯淳子は一時期テレビタレントをしていた。

著書[編集]

  • 『太陽にとぶ少女たち』偕成社(少女小説シリーズ)1970
  • 『離婚』講談社 1971
  • 『聖魔女伝』学芸書林 1977
  • 『二つの灰皿』学芸書林, 1977
  • 『美に魅せられて 美しい物・美しい人々 Visual essay』婦人生活社 1983
  • 『標準がよくわかる冠婚葬祭の常識百科 いざというときのマナーとしきたり』大泉書店, 1984
  • 『女・愛のたたかい 幸せに生きるために』日新報道 1985
  • 『ぼんぼん時計』学芸書林, 1989
共著
  • 『崩壊結婚 残された夫たち・妻たち』遠藤敦司共著 三一書房 1981

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『文藝年鑑』1978年