帯落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
帯落のイラスト

帯落(おびおとし)は、柔道投技の一つである。手技の一つ。講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名。IJF略号OOS

概要[編集]

後ろから、相手(受)の前帯を掴んで、脚を伸ばして支点にし、受を後方に投げる技。右組の場合、取は右手で受の前帯を取り引きつける。次に左手で前から脇に抱えるように受の腰に手を回し体を密着させ受の下履をつかむ。両手をすくい上げるように受を持ち上げながら取は背中を反らして後に投げる。

左腕は受の首付近に当て腰を入れて入り身投げの様に後ろに投げる方法もある[1]

柔道川石メソッドでは右手は帯を掴まないで右腕を受の背後から回し、受の帯付近の胴を両手を組んで両腕で抱えてサイドバスターの様に投げる帯落を紹介している[2]

1920年(大正9年)に五教の技から外された[3][4]1926年、柔道の技術書『新式柔道』で金光弥一兵衛は帯落について、理論に走り実際に適せぬ技または妙味に乏しい技、だとして掲載を省略した旨、記載する[5]1982年、講道館技名称投技が制定されると帯落は含まれていた。

両手で下半身をすくう掬投の基本形と類似の技になるが、前帯をつかむ点が異なる。

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ 有馬純臣『通俗柔道図解』岡崎屋、1905年(明治38年)10月、52-53頁。
  2. ^ Mikinosuke KAWAISHI (1955). Ma méthode de judo. Jean Gailhat(仏訳、イラスト). フランス: Judo international. p. 93. "OBI-OTOSHI" 
  3. ^ http://www.kodokan.org/j_waza/index.html 講道館HP 技の名称一覧
  4. ^ 醍醐敏郎『写真解説 講道館柔道投技 上』本の友社 1999年 ISBN 4-89439-188-0
  5. ^ 金光弥一兵衛新式柔道隆文館、日本、1926年(大正15年)5月10日、87頁。「右の他横落、帯落、谷落、朽木倒、引込返、横分、山嵐と名付けらるゝ業あれ共、理論に走り實際に適せぬもの又は業として妙味乏しきものなれば省略する。」