帰って来た用心棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
帰って来た用心棒
ジャンル 時代劇
放送時間 月曜20:00 - 20:56(56分)
放送期間 1968年7月29日 - 1969年3月31日(36回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NET東映京都テレビプロ
監督 河野寿一、松尾正武、佐々木康
原作 結束信二
脚本 結束信二
プロデューサー 上月信二(NET)
小沢英輔(NET)
田村嘉(東映)
出演者 栗塚旭
左右田一平
島田順司
小田部通麿
西田良
香月凉二 ほか
オープニング 『おとこ独り』フォー・コインズ

特記事項:
用心棒シリーズ第3作目。モノクロ作品
テンプレートを表示

帰って来た用心棒(かえってきたようじんぼう)とは、東映京都テレビプロ制作、結束信二原作・脚本による栗塚旭主演のテレビ時代劇。NETテレビ(現・テレビ朝日)系列にて1968年7月29日から1969年3月31日まで毎週月曜午後8時からの1時間枠で全36話が放映された。

概要[編集]

結束信二による『用心棒シリーズ』の第3作目。

シリーズ第1作『俺は用心棒』で栗塚旭が演じた野良犬という役から、今作では謎の浪人という役名に変わっているが、同一人物か否かは定かでない[1]

また、前作『待っていた用心棒』で悪びれた浪人、捨て犬を演じた島田順司は、一転して、以前島田自らが演じた沖田総司そのままといえる姿をした好青年な剣士、田島次郎を演じ、軽快にジャンプしつつ斬る独自の立ち回りを見せている。

一方、左右田一平演じる品田万平は今作にも健在で、作品を見てきた視聴者にはお馴染みとなった飄々とした姿にますます磨きがかかり、シリーズには欠かすことの出来ない名キャラクターである。

シリーズ第2作『待っていた用心棒』で数回登場した同心の青木与兵ヱ(香月凉二)と岡っ引きの十吉(西田良)が今作にも引き続き登場。これに同じく前作で飲み屋の店主、作次郎役で数回出演した小田部通麿が、岡っ引きの千造役で加わり、今作の名物トリオとなった。

作品内容[編集]

キャスト[編集]

  • 謎の浪人…栗塚旭
  • 品田万平…左右田一平
  • 田島次郎…島田順司
  • 千造…小田部通麿 (第4、6 - 11、14 - 19、22、24 - 28、32 - 36話)
  • 十吉…西田良 (第4、6 - 11、14 - 19、22、24 - 28、32 - 36話)
  • 青木与兵ヱ…香月凉二 (第2、4 - 11、14 - 19、22、24 - 28、32 - 36話)

スタッフ[編集]

  • 制作…NET東映京都テレビプロ
  • 原作・脚本…結束信二
  • プロデューサー…
    • 上月信二(NET) (第1 - 26話)
    • 小沢英輔(NET) (第27 - 36話)
    • 田村嘉(東映) (第1 - 36話)
  • 監督…
    • 河野寿一 (第9、10、12、13、16、17、19、20、22、23、25、26、28、29、31、32、34話)
    • 松尾正武 (第2 - 4、6、8、11、18、21、24、27、30、33、35、36話)
    • 佐々木康 (第1、5、7、14、15話)
  • 音楽…渡辺岳夫
  • 撮影…木村誠司、森常次、柾木兵一、脇武夫、玉木照芳、羽田辰治
  • 照明…谷川忠雄、佐々木政一、岡田耕二、藤井光春、松井薫
  • 録音…草川石文
  • 美術…塚本隆治、寺島孝男、中島哲二、吉村晟
  • 記録…桧垣久恵、野崎八重子、藤原凪子、佐藤利子、松尾美智子
  • 編集…戸川博
  • 衣裳…上野徳三郎
  • 美粧…堤野正直
  • 結髪…森井春江、河野節子
  • 装飾…道畑真二、縄田功、関西美工、曽根美工、星益雄、高島稔、曽根美装
  • 装置…大喜田儀三郎、西川春樹
  • 助監督…岡本静夫、福井司、古市真也、久郷久雄、曽根勇、尾田耕太郎
  • 擬斗…上野隆三(東映剣会)
  • 現像…東洋現像所
  • 進行主任…今井正夫、丸本晃、藤野清、北村良一、山田勝
  • ナレーター…左右田一平
  • 主題歌…「おとこ独り」(テイチクレコード) 作詞:結束信二、作曲:渡辺岳夫、唄:フォー・コインズ
  • 挿入歌…「野良犬がゆく」(テイチクレコード) 作詞:いけた純、作曲:渡辺岳夫、唄:フォー・コインズ

放映リスト(サブタイトル)[編集]

話数 サブタイトル 放映日 ゲスト出演者
1 道を教えた娘 1968年
7月29日
尾崎奈々永田靖織本順吉遠藤辰雄、岡高史、小津敏、藤本秀夫、牧淳子
2 赫い月の夜 8月5日 松山容子草野大悟増田順司、永野達雄、松本朝夫吉川雅恵、加治春雄、阿木五郎
3 送り火が燃えるとき 8月12日 鳳八千代菅貫太郎西山嘉孝、天王寺虎之助、芦田鉄雄、山口幸生、三田雅美
4 祇園小路に死す 8月19日 長内美那子早川保城所英夫、由利京子、北原将光、団巌、滝譲二、日高久堀川亮
5 地蔵盆の灯り 8月26日 高森和子、伊吹友木子、河上一夫、西山辰夫、古城門昌美、志摩靖彦田中弘史
6 粟田口の迎撃 9月2日 伊藤栄子舟橋元長谷川哲夫徳大寺伸、双葉弘子、有馬宏治、富永佳代子
7 六角の闇から闇に 9月9日 桜町弘子川辺久造稲吉靖田畑猛雄北見唯一、浪花五郎、川浪公次郎、野崎善彦
8 野分の中 9月16日 月形龍之介馬淵晴子原健策玉生司郎、藤山喜子、千原万紀子、森章二小峰一男
9 無惨の巷 9月23日 中野誠也野添ひとみ、不破潤、海老江寛、月形哲之介、的場達雄、高宮克己、熊谷武
10 東の空が暗く 9月30日 沢宏美、近藤正臣江幡高志高橋昌也田口計入江慎也、国富諭、萩清二
11 弦月の下 10月7日 中野誠也根岸明美牧冬吉国景子、土方弘、出水憲司、丘路千、森源太郎
12 あの竹薮をぬけて 10月14日 小山明子穂高稔坂口祐三郎明石潮高城淳一平沢彰、畑中伶一、木谷邦臣
13 風の泣く里 10月21日 青木義朗荒木雅子花園ひろみ高原駿雄、小柴幹治、蔵一彦、鶴田桂子、宗近晴見
14 仕官の日 10月28日 里見浩太郎磯村みどり宇佐美淳也唐沢民賢、小津敏、中村錦司、波多野博
15 暁に待つ 11月4日 富川澈夫、青柳美枝子、金内吉男、楠義孝、春丘典子
16 夜に消えた 11月11日 田島和子山岡徹也、千葉敏郎、永田光男玉生司郎山本弘出水憲司、滝譲二
17 川の流れに 11月18日 富士真奈美寺田農穂高稔中田浩二松川純子、成田次穂、水木達夫、小谷悦子
18 逃げて来た女 11月25日 中村友隆金子吉延渋沢詩子藤岡重慶牧田正嗣、沢淑子、高村俊郎、笹木俊志
19 半鐘は二度鳴る 12月2日 月形龍之介、桂麻紀、嘉手納清美、武周暢、国一太郎、有馬宏治、小峰一男、仲はるみ
20 白い目じるしの宿 12月9日 細川俊之、三原有美子、柴田美保子、河上一夫、鈴木金哉、波多野博、伝法三千雄
21 月夜の湯けむり 12月16日 長内美那子片山明彦、不破潤、海老江寛、新海なつ、田中直行、滝譲二、森章二
22 地獄極楽わかれ道 12月23日 高森和子菅貫太郎、三浦徳子、岩田直二、山口幸生、沢淑子、代志住正、北原将光
23 おことうさん 12月30日 河原崎長一郎、小谷悦子、山岡徹也月形哲之介、由利京子、戸村昌子、平沢彰
24 春のともしび 1969年
1月6日
鳳八千代近藤正臣、矢野潤子、坂口祐三郎瀬良明真弓田一夫、山村弘三、浜崎満
25 月下の顔 1月13日 稲垣美穂子成瀬昌彦玉生司朗、宇野博信、田中弘史下元年世、有島淳平、志賀勝
26 狂気の夜 1月20日 穂積隆信八名信夫堀内一市、沢淑子、水上富美、武田禎子、川浪公次郎表淳夫
27 都に来た娘 1月27日 青木義朗、永野達雄、蔵一彦、弥永和子西山嘉孝高橋芙美子川谷拓三、小沢文也
28 福と鬼との巷 2月3日 御影京子高津住男石浜朗、楠義孝、岡高史、遠山金次郎、石川阿弥子、井上茂
29 水ぬるむ頃 2月10日 沢宏美、加賀爪清和、藤岡重慶今橋恒、柳川清、日高久、酒井哲、松木まどか
30 上意討ち 2月17日 牧紀子亀石征一郎今井健二松山照夫楠本健二、鶴田桂子、筧浩一、滝譲二
31 路地裏の宿 2月24日 伊藤幸子、加藤恒喜、服部哲治、楠年明、河上一夫、有川正治田畑猛雄、島田秀雄
32 失踪 3月3日 近藤正臣武原英子早川研吉山本弘仁内達之吉川雅恵、賀川泰三、河東けい
33 陰の女 3月10日 松本克平二本柳敏恵、嶋田景一郎、松岡与志雄、丘路千、大城泰、名護屋一、八尋洋
34 京屋敷丁半 3月17日 大丸二郎、渋沢詩子高城淳一、井手良男、北見唯一国田栄弥三木豊、嶝忠洋
35 密会 3月4日 高野通子、住吉正博、水島真哉、田村保、浅野公恵、三杉健介、伊豆五郎、森秀人
36 京洛慕情 3月31日 伊藤栄子岡崎友紀夏目俊二、林浩久、田中弘史浜伸二川谷拓三井上茂

再放送[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、栗塚演じる謎の浪人が着ている着物の家紋は『俺は用心棒』の野良犬と同じもの。

関連項目[編集]

NETテレビ 月曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
帰って来た用心棒