常 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(じょう、: nitya)は、永遠に変化せず、生じたり滅したりしないこと、絶え間なく続いて尽きないこと[1]常住ともいう[1]

概要[編集]

一般には、常住であるものを無為法と呼ぶ[1]

縁起法性の理や、如来法身三身は常住であるとされる[1]

常は、凡夫の四顚倒の1つや、涅槃の四徳の1つに数えられる[1][注釈 1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 常・楽・・浄の1つとして数えられる[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 総合仏教大辞典編集委員会(編) 『総合仏教大辞典』上巻、法蔵館、1988年1月、689-690頁。

関連項目[編集]