常呂川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
常呂川
常呂川.JPG
置戸町学友橋より川名銘板とともに上流方面を望む

水系 一級水系 常呂川
種別 一級河川
延長 120 km
平均の流量 26.41 m³/s
(北見観測所 2000年)
流域面積 1,930 km²
水源 三国山(置戸町
水源の標高 -- m
河口・合流先 オホーツク海北見市
流域 日本の旗 日本
北海道オホーツク総合振興局管内
テンプレートを表示

常呂川(ところがわ)は、北海道オホーツク総合振興局管内を流れオホーツク海へ注ぐ一級河川。常呂川水系の本流である。オホーツク海側では最大の河川であり、サケも遡上する。

「常呂」の語源は山田秀三によると、「ト・コロ・ペッ」(沼を持つ川)と解されるが、今は湖沼とつながっていない。また、永田地名解によると、昔の常呂川はライトコロと呼ぶ支流が本流で、サロマ湖とつながっていたことに由来するとしている[1]

地理[編集]

北海道常呂郡置戸町西部付近にある三国山に源を発し北東に流れる。鹿ノ子ダムを経由し、北見市常呂町字常呂でオホーツク海に注ぐ。

上流は森林資源が豊富で、林業や木材加工業が盛んである。中流域の北見盆地には肥沃な土地を生みだし、小麦テンサイタマネギなど多様な作物が作られている。下流の平野でも畑作が盛んである。

流域の自治体[編集]

北海道
常呂郡置戸町訓子府町北見市

支流[編集]

括弧内は流域の自治体

  • 上ホロカトコロ川(置戸町)
  • 仁居常呂川(置戸町)
    • 林班界の沢川(置戸町)
  • オンネアンズ川(置戸町)
    • ポンオンネアンズ川(置戸町)
  • 緑川(置戸町)
  • 種川(置戸町)
  • 愛の川(置戸町)
  • ホロイッチャン川(置戸町、訓子府町)
  • ケトナイ川(置戸町、訓子府町)
    • ポンケトナイ川(訓子府町)
  • シルコマベツ川(訓子府町)
  • オシマ川(訓子府町)
  • 第二オロムシ川(訓子府町)
    • オロムシ川(訓子府町)
  • 上常呂川(訓子府町、北見市)
  • 別着の沢川(北見市)
  • サラキシエナイ川(北見市)
  • イワサキ川(北見市)
  • 訓子府川(置戸町、訓子府町、北見市)
  • 無加川(北見市)
    • イトムカ川(北見市)
    • 丸山沢川(北見市)
    • 十八号沢川(北見市)
    • ペンケビバウシ川(北見市)
    • パンケビバウシ川(北見市)
    • 奔無加川(北見市)
    • 大久保川(北見市)
    • 東無加川(北見市)
    • 相内川(北見市)
    • 屯田川(北見市)
    • 小町川(北見市)
  • シュブシュブナイ川(北見市)
  • 小石川(北見市)
  • 松下川(北見市)
  • チャシポコマナイ川(北見市)
  • トペンピラウシナイ川(北見市)
  • 小幡川(北見市)
  • キナチャウシナイ川(北見市)
  • オンネシルクタウシナイ川(北見市)
  • 仁頃川(北見市)
    • 毛当別川(北見市)
      • ポン毛当別川(北見市)
    • ルクシニコロ川(北見市)
    • 金尾内川(北見市)
    • ポンニコロ川(北見市)
    • 登位加川(北見市)
  • ポン隈川(北見市)
  • 隈川(北見市)
  • 日吉川(北見市)
  • 柴山沢川(北見市)
  • 東亜川(北見市)
  • トコロ幌内川(北見市)
  • 福山川(北見市)
    • イワケシュ川(北見市)
  • 伊藤沢川(北見市)

主な橋梁[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北海道開発局, 国土交通省. “常呂川” (日本語). 北海道開発局. 2019年9月5日閲覧。