常呂港仮乗降場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
常呂港仮乗降場
ところこう
Tokorokō
常呂 (2.4km)
(4.8km) 能取
所在地 北海道北見市常呂町東浜
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 湧網線
キロ程 61.9km(中湧別起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)1月7日
廃止年月日 1972年昭和47年)2月8日
備考 キロ程は実キロ
利用者僅少により廃駅
テンプレートを表示

常呂港仮乗降場(ところこうかりじょうこうじょう)は、かつて北海道常呂郡常呂町(現・北見市)にあった日本国有鉄道(国鉄)湧網線仮乗降場設定)である。1972年2月8日、利用者僅少により廃駅となった。

駅の構造[編集]

単式ホーム1面1線を有した。

周辺[編集]

かつては網走バス常呂線(常呂築港経由:運行末期は常呂行き朝1本のみ)が通っていたが、湧網線廃止代替バス運行開始時に系統廃止され、現在近隣を走行する路線バスは無い。

歴史[編集]

参考図書[編集]

  • 国土地理院 1972年7月30日発行 2万5千分の1地形図 「常呂」(1970年測量)

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
湧網線
常呂駅 - 常呂港仮乗降場 - 能取駅