常康親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

常康親王(つねやすしんのう、生年不詳 - 貞観11年5月14日869年6月27日)は、平安時代前期の皇族仁明天皇の第七皇子。母は紀種子品位は無品。雲林院宮と号す。

経歴[編集]

承和7年(840年)には無品親王ながら、志摩国答志島を与えられた[1]嘉祥3年(850年)に父・仁明天皇が崩御すると、翌嘉祥4年(851年)に出家[2]雲林院に隠棲して詩作に励んだ。貞観11年(869年)2月に雲林院を遍照に譲って天台宗の修行場とし、亡き父帝への謝恩の姿勢を示そうとした[3]

人物[編集]

幼少時より奥深く静かで感覚が鋭く、よく風情を察した。仁明天皇の諸皇子の中で特に天皇から鍾愛を受けた。父・仁明天皇の崩御後、追慕して悲しみむせび続け、ついに仏教帰依して仏の救いを求めたという。[2]

著作に『洞中小集』がある他、『古今和歌集』に1首採録されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本後紀』承和7年11月16日条
  2. ^ a b 『日本文徳天皇実録』嘉祥4年2月23日条
  3. ^ 『日本三代実録』元慶8年9月10日条
  4. ^ 『勅撰作者部類』