常建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

常 建(じょう けん、生没年不詳)は、中国詩人邢州の出身。

略歴[編集]

開元15年(727年)の進士で、盱眙県の尉となったが、昇進が遅いのに不満を持ち、隠者の生活に憧れて、名山を歩き回った。あるとき山中で仙人のような女に会い、術を授かったと言われ、晩年は鄂渚(がくしょ、現在の湖北省武漢市の西)に隠棲し、王昌齢らを招いて、自由な生活を送った。

詩人としての彼[編集]

作品に、『宇文六(うぶんりく)を送る』(七言絶句)がある。

送宇文六
花映垂楊漢水清 花は垂楊(すいよう)に映じて漢水清く
微風林裏一枝軽 微風 林裏(りんり) 一枝(いっし)軽し
即今江北還如此 即今(そくこん) 江北(こうほく) 還(ま)た此(かく)の如からん
愁殺江南離別情 愁殺(しゅうさつ)す 江南(こうなん) 離別の情

出典[編集]