常滑町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とこなめちょう
常滑町
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 常滑市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
知多郡
面積 7.88km2.
総人口 14,045
(1950年10月1日[1]
隣接自治体 半田市
知多郡鬼崎町西浦町三和村
常滑町役場
所在地 愛知県知多郡常滑町字南屋敷39
 表示 ウィキプロジェクト

常滑町(とこなめちょう)は、愛知県知多郡にかつて存在した

現在の常滑市中心部に該当する。

日本六古窯の一つの常滑焼の産地であり、古くから窯業で栄えている。

常滑の名の由来は、この地域の地盤が粘土層が露出している箇所が多く、地盤(床)が滑らかであったことに由来すると推測される。[2]

歴史[編集]

交通機関[編集]

教育[編集]

  • 愛知県立常滑高等学校
  • 常滑町立常滑中学校 (現・常滑市立常滑中学校)
  • 常滑町立常滑小学校 (1980年に分割。現・常滑市立常滑西小学校、常滑市立常滑東小学校)

神社・仏閣[編集]

  • 総心寺
  • 宝全寺
  • 常石神社

史跡[編集]

  • 常滑城址

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県郡市町村勢要覧(愛知県総務部統計課 1951年10月刊行)
  2. ^ 常滑市公式ホームページによる。
  3. ^ 1906年に合併し鬼崎村(後の鬼崎町)の一部。現・常滑市多屋町