常用時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

常用時市民時英語: civil time)とは、一日の起点を正子(真夜中の0時)とする、日常生活に用いる地方時時刻系である。一般には政府が定める標準時である。

天文学では1925年まで、一日の起点を正午(昼の12時)とした「天文時」(astronomical time)を使用していた。その理由は、天文観測は主として夜間に行われるので、観測中に日付が変わる煩雑さを避けるためであり、クラウディオス・プトレマイオス の創始によるものである。しかし天文学でも1925年1月1日以降は、正子(深夜0時)を一日の起点とする常用時を用いている。ただし、ユリウス通日については、引き続き正午を起点とする定義としている[1]

[2]

脚注[編集]

  1. ^ [1] 国立天文台 > 暦計算室 > 暦Wiki >1日の始まり
  2. ^ イギリスの王立航海暦局英語版は両方の文脈でグリニッジ標準時を使って曖昧だったが、アメリカ海軍天文台では1925年まで両方の意味でGMTを使い、1924年から1952年までは常用時の場合はグリニッジ常用時(GCT)と呼んだ。1928年に国際天文学連合世界時として正子を起点とするGMTとすることを決定したが、両天文台は1952年まで同意しなかった。

External links[編集]