常田新橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

常田新橋(ときだしんばし)は千曲川に架かる全長485.0m・幅員14.5〜20.5mの道路橋梁である。長野県上田市の道路橋としては小牧橋に次いで2番目に市道として建設された橋である。

概要[編集]

  • 区間 - 長野県上田市小牧(左岸)〜同県同市泉町(右岸)
  • 開通年月日 - 1999年(平成11年)10月23日

歴史[編集]

  • 1999年(平成11年)10月23日 - 長野県上田市に架かる橋としては6番目の橋として開通。
    • 開通する2か月前までには完成していてその年の上田千曲川花火大会で鑑賞客のために無料開放していた。
    • 開通後はその時期には鑑賞客用の歩行者天国として開放されている。

周辺[編集]

座標: 北緯36度23分19.0秒 東経138度15分14.4秒 / 北緯36.388611度 東経138.254000度 / 36.388611; 138.254000