常盤山小平治 (幕末)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

常盤山 小平治(ときわやま こへいじ、1826年文政9年〉 - 1869年10月2日明治2年8月27日〉)は、常盤山部屋及び玉垣部屋に所属した元力士[1]鷲ヶ濱音右エ門岳父に当たる。

本名,身長,体重は不明。出身地は現在の長崎県南島原市(旧・肥前国高来郡)。

最高位は西関脇1851年4月から1852年2月までは八戸藩、1852年11月以降は島原藩お抱えだった。岳父が自殺して嫌疑を受けたので脱藩したが、途中で参勤行列と出合い、運良く同郷の者が居たので一行に加えてくれるように頼み、怪力を買われて駕籠担ぎとして加わった。江戸に出てからは仲間として働いていたが怪力を見出され、勧誘されて入門した。

1846年3月初土俵(序ノ口)。1853年11月東二段目9枚目にあがり、現在でいう十枚目昇進を果たす。1856年11月新入幕。幕内に入っても順調に白星を重ね、1860年11月新三役(西小結)に昇進した。そこから9年・18場所連続に渡って三役を務め、強豪力士として鳴らした[2]。堅太りの小兵で、巧い取り口だったと伝わる。1862年3月に関脇に昇進。雲龍久吉に強く、実力大関だったが、番付運が頗る悪く遂に大関昇進は叶わなかった。1866年11月に8代常盤山を襲名し、二枚鑑札となった。1869年8月27日に現役中のまま死去。44歳だった。

幕内通算26場所 99勝33敗93休13分5預の成績を残した[1]。優勝相当成績2回(幕内1回〈1865年2月[3][4]。全勝だった。〉十両1回〈1853年11月〉)の好成績を残している。

酒豪で物事に無頓着であり、常に文無しだった。「裸関取」というあだ名もあった[2]

改名歴は2回ある:簑島 邦五郎 → 鷲ヶ濱 音右エ門 → 常盤山 小平治(鷲ヶ濱時代が最も強かった)[1]

 出典 [編集]

  1. ^ a b c 常盤山 小平治 力士情報
  2. ^ a b 入幕順幕内力士一行紹介・十六 - 相撲評論家之頁※0452 鷲ヶ濱 音右エ門の項を参照。
  3. ^ 当時の四股名は、鷲ヶ濱 音右エ門だった。
  4. ^ 他に1863年11月に西小結で7勝0敗2分,1864年4月に西関脇で7勝1敗1預1休と優勝同点の成績を残しているが、いずれも番付上位者優勝制度により(1863年11月は鬼面山谷五郎〈当時東関脇。のち第13代横綱。この場所7勝0敗2分〉。1864年4月は不知火光右衛門〈当時西大関吉田司家より横綱免許を貰っていたため第11代横綱でもあった。この場所7勝1敗2休〉)優勝をさらわれている。

 関連項目 [編集]