常盤平団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

常盤平団地(ときわだいらだんち)は、千葉県松戸市常盤平にある大規模UR賃貸住宅である。最寄駅は新京成線常盤平駅および五香駅。松戸市金ヶ作地区宅地開発事業の一環として建設された[1]

概要[編集]

建設中の常盤平団地(1960年)

1955年に立ち上げられた日本住宅公団では、東京近郊の住宅不足を緩和するため、都内通勤者の住宅地の選定を急いでいた。そうした中、新京成線開通などで好条件が整った松戸市金ヶ作・五香地区の一部が全国主要都市周辺300万坪の宅地開発事業の対象に選ばれ、東京周辺部150万坪規模の開発実施地域として川崎市生田地区・日野市日野地区・八千代市八千代台地区などとともに団地建設が進められた[1]

住戸92戸、畑、雑木林が大半を占める51万2251坪の土地を造成し、戸数4839戸の4階建て中層公団住宅170棟とショッピングセンター・集会所・病院・小学校などの施設を有する街が建設され、公募によって団地名が常盤平(松戸市の松から連想された「常盤の松」にちなむ)に決定する。 1959年から入居募集を開始。1961年11月に宅地の造成を落成し[2]1962年の10次募集をもって入居が完了。松戸市の人口は団地建設によって7万8937人から11万5226人となり、以後人口増加は1970年頃まで続いた。当時のパンフレットでは、ガス・電気・下水や文化施設の完備、都心へ50分という地の利をアピールしている。建設の様子が記録映画として残され、英語版も制作された。建設当初、見物客が訪れるほど注目を集めた[1]

常盤平駅前から南北に団地を貫く常盤平けやき通り

建設地は、首都圏整備委員会による首都圏整備計画のグリーンベルト緑地帯に含まれていたため、オープンスペースの確保が行われ造成前の樹木が残された。その後、首都圏整備計画のグリーンベルト構想は崩れ、松戸市域の住宅地化も進んだため、団地内は松戸市域の中でも特に緑に恵まれた地区となり、団地を南北に抜ける常盤平けやき通りは「新・日本街路樹100景」に[3]、東西に抜ける常盤平さくら通りは「日本の道100選」に選ばれている[1]

常盤平団地は近年高齢化が顕著になってきている。2011年9月時点で常盤平地区の高齢化率は20.6%であるが[4]、常盤平団地地区では38.4%にものぼる[5]。2000年代前半には団地住民の孤独死が相次いだことから、団地自治会等は「孤独死ゼロ作戦」と称して様々な施策に取り組んでいる[6]。この問題はNHKスペシャルでも取り上げられた[7]

松戸市立博物館には、近現代の展示において1962年当時の当団地2DKを原寸大で再現したモデルルームが展示されている[1]

交通[編集]

  • 常盤平駅(新京成電鉄) - 1-3地区
  • 五香駅(新京成電鉄) - E地区

周辺施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 青木俊也 「1章 団地・2DKの誕生」『再現・昭和30年代 団地2DKの暮らし』 河出書房新社、2001年5月30日、9-56頁。ISBN 4309727093。
  2. ^ “常磐平団地で宅造落成 完成すれば6,000戸に”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 群馬全県版. (1961年11月8日) 
  3. ^ 浅井建爾 『道と路がわかる辞典』 日本実業出版社2001年11月10日、初版、127頁。ISBN 4-534-03315-X。
  4. ^ 千葉県民生委員児童委員協議会 (2011年9月1日). “松戸市常盤平地区の民生委員活動”. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月11日閲覧。
  5. ^ 千葉県民生委員児童委員協議会 (2011年9月1日). “松戸市常盤平団地地区の民生委員活動”. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月11日閲覧。
  6. ^ あしたの日本を創る協会 (2005年1月15日). “団地ぐるみで取り組む「孤独死ゼロ作戦」”. まち むら (88号). オリジナル2007年10月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071027025422/http://www.ashita.or.jp/publish/mm/mm88/mm88-2-6.htm 2015年2月24日閲覧。 
  7. ^ NHK (2005年9月24日). “ひとり 団地の一室で”. NHKスペシャル. 2014年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月24日閲覧。

関連項目[編集]