常盤響

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

常盤 響(ときわ ひびき、1966年5月17日 - )は、日本の写真家グラフィックデザイナーDJマニュアル・オブ・エラーズ・アーティスツ所属。

概要[編集]

東京都文京区生まれ、川崎市育ち。育英工業高等専門学校グラフィック工学科中退後、セツ・モードセミナーへ。

中学、高専時代には雑誌「ビックリハウス」の常連投稿者ビックリハウサーでもあった。GREAT3の片寄明人、犬童一心大槻ケンヂうるまでるびも同じ頃に投稿していたという。「ビックリハウス」編集部を訪問したことから、高専時代からライター、イラストレーターとしての活動をするようになる。アイドル雑誌「BOOM」、「写真時代Jr.」などに寄稿。

また、小学生時代から出入りしていた渋谷の伝説的ロック喫茶「NYLON100%」の常連であった加藤賢崇岸野雄一らが結成したバンド「東京タワーズ」のファンクラブ「京浜兄弟社」を1983年に結成。加藤、岸野らも会誌に執筆するようになり、東京タワーズの活動休止後は「京浜兄弟社」は彼等との共同の活動名義となる。その後、京浜兄弟社の活動拠点はCSV渋谷に移り、テイトウワ岡崎京子桜沢エリカもりばやしみほ川勝正幸らと交流。

1984年には、ラウンジ系音楽ユニット「コンスタンス・タワーズ」(後にSpace Ponchに改名)を岸野雄一、松前公高岡村みどりらと結成して音楽活動を行う。また、1993年には岸野らとともに高円寺に中古レコードショップ「マニュアル・オブ・エラーズ」を開店。「モンド・ミュージック」等を主に扱うカルト・ショップとなり、DJイベント等も開催する。現在は、渋谷のレコードショップ「マニュアル・オブ・エラーズ・ソノタ」海外買付担当。

一方、90年代に入ると、グラフィックデザイナーとしてCDジャケットを中心に活動。

1997年、阿部和重の小説「インディビジュアル・プロジェクション」の装丁用をきっかけに写真を撮り始める。

2004年4月から2006年9月までフジテレビのミニ番組「オナジソラノシタ」(資生堂提供)での写真を担当する。

2005年10月から3月まで毎週木曜日 TBSラジオ 「初田啓介の激アツ!ビバ!プロ野球!」内の「 激アツ!お蔵だし!アスリート珍レコード!」コーナにレギュラー出演。

2005年、山口優、岡田祟、片岡知子らとレコードショップ「マニュアル・オブ・エラーズ ソノタ」を渋谷にオープン。

2011年 福岡県に移住

2013年〜現在 福岡 LOVE FM 毎週月曜日 20時〜21時半「常盤響のニューレコード」放送中

2015年〜 福岡県糸島市に居住

現在は、フォトグラファーとしての活動が中心。

主な作品[編集]

写真集[編集]

『Rolexibition』 (リリー・フランキーと共著)
『Sloppy Girls』(新潮社)
『Freedom of Choice』(河出書房新社)
『GirlFriends』(小学館)
『GiRL U WANT』(小学館)
『フシダラな果実』(栗戸理花と共著)
『GirlFriends2』(小学館
『ニューエロス・鉄板焼』(秀和システム) 『ニューエロス・インベーダー作戦』(秀和システム)

書籍[編集]

『いつもレコードのことばかり考えている人のために。』(アスキー・メディアワークス) (小西康陽と共著)
『アジアのレコードデザイン集』(DU BOOKS) (馬場正道と共著)

参考文献[編集]

ばるぼら「NYLON 100% 渋谷系ポップカルチャーの源流」アスペクト 2008
永江朗 「ブンガクだJ!―不良のための小説案内」イーハトーヴ 1999