常磐会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一般社団法人常磐会(いっぱんしゃだんほうじんときわかい)は、学習院女子中・高等科卒業者の同窓会である。会員の資格は2年以上在籍することで、条件を満たせば中退者でもよい。会員数は1万人以上。

会員の資格はあくまで女子高等科の卒業生に限り、戦後新設された学習院女子短期大学(現・学習院女子大学)や学習院大学だけの卒業生は入会を認めていない。年に1回、椿山荘で総会が開かれる。

美智子妃の時もそうであったが、皇族女官選びは宮内庁がすべて常磐会に相談し、常磐会ではほとんどといっていいくらい、会員のなかから選んでいるとされている[1]。また、1959年昭和34年)に正田美智子皇太子明仁親王に嫁ぐとき、常磐会の総裁だった香淳皇后と会長の松平信子東宮御教育参与らが、不快感を露骨に表していたと『入江相政日記』第三巻(朝日新聞社刊)には記されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 女性自身1986年1月28日号
  2. ^ 週刊朝日1993年1月22日号