常称寺 (尾道市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本堂・観音堂・鐘撞堂などの画像提供をお願いします。2014年12月
常称寺
所在地 広島県尾道市西久保町8-3
位置 北緯34度24分44.4秒
東経133度12分13.1秒
座標: 北緯34度24分44.4秒 東経133度12分13.1秒
山号 尾陽山(びようざん)
院号 願王院
宗旨 時宗
宗派 時宗遊行派
本尊 阿弥陀如来立像
開山 他阿真教
正式名 尾陽山願王院常稱寺
尾陽山願王院常称寺
文化財 本堂ほか(重要文化財)
法人番号 5240005010882 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

常称寺(じょうしょうじ)は、広島県尾道市西久保町にある仏教寺院時宗

概略と沿革[編集]

延慶2年(1309年)、開山他阿真教。霊夢を感じて建立したという[1]2007年に伽藍の多くが重要文化財に指定された。

行事[編集]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 紙本白描遊行上人絵
  • 本堂(附・須弥壇及び厨子)
  • 観音堂
  • 鐘撞堂
  • 大門
附・墓処門[2]

県指定重要文化財[編集]

  • 他阿真教上人像

交通アクセス[編集]

西日本旅客鉄道山陽本線尾道駅よりおのみちバスで約7分、西国寺下バス停留所で下車徒歩約2分。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]