常総大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
常総大橋
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
茨城県道103号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
千葉県道103号標識

常総大橋(じょうそうおおはし)は、茨城県道・千葉県道103号江戸崎下総線利根川に架かる橋である。

概要[編集]

茨城県稲敷郡河内町金江津千葉県成田市高岡とを結ぶ橋長518.2 m、幅員11.0 mの鋼桁橋で、当時26億8000万円の工費をかけて完成し、1979年昭和54年)2月13日に開通した[1][2]。橋の名はかつての常陸国下総国を結ぶことから命名された[3]。施工は日本鋼管。開通以来、常総大橋の管理は茨城県知事が行っている[4]

常総大橋が開通する以前は、渡し船(高岡の渡し)での往来が主な手段であり、その後、1967年(昭和42年)12月20日に、茨城県稲敷郡河内村(当時)金江津と千葉県香取郡下総町(当時)猿山とを結ぶ常総船橋が架けられた[5]。常総船橋は、で出来た20隻の上に木の板を渡した全長263 mのその名の通り「船橋」で有り、歩行者を除く自転車自動車バス(バスは渡れたか不明)は有料橋であった。しかし、利根川の増水期の6月からの4ヵ月は板が外され、渡し船に頼る従来の状態となっていた。その為、地域住民からは永久橋を望む声が高まり、1972年(昭和47年)からの7年の工期を掛け、1979年、常総大橋が開通した。

隣の橋[編集]

(上流) - 若草大橋 - 長豊橋 - 常総大橋 - 神崎大橋 - 水郷大橋 - (下流)

脚注[編集]

  1. ^ 常総大橋1967- - 土木学会附属土木図書館
  2. ^ 吉田義之『茨城県大百科事典』茨城新聞社、水戸市、1981年、537頁。
  3. ^ 現在茨城県側の金江津村は下総国の域内であり、1899年明治32年)までは千葉県香取郡に属していた。よって正確にいえば橋の両岸は旧下総国となる。
  4. ^ 常総大橋の管理協定(昭和54年2月13日 茨城県告示第189号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6705号: pp. 6–7, (1979年2月13日) 
  5. ^ 道路の区域変更・道路の供用開始(昭和42年12月20日 茨城県告示第1609・1610号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外: p. 27, (1967年12月20日) 

座標: 北緯35度52分58秒 東経140度20分51秒 / 北緯35.88278度 東経140.34750度 / 35.88278; 140.34750