常葉大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
常葉大学
静岡瀬名キャンパス
静岡瀬名キャンパス
大学設置 1980年
創立 1946年
学校種別 私立
設置者 学校法人常葉大学
本部所在地 静岡県静岡市駿河区弥生町6番1号
キャンパス 静岡瀬名(静岡県静岡市葵区)
静岡水落(静岡県静岡市葵区)
静岡草薙(静岡県静岡市駿河区
浜松(静岡県浜松市北区
学部 教育学部
外国語学部
造形学部
法学部
健康科学部
健康プロデュース学部
保健医療学部
経営学部
社会環境学部
保育学部
研究科 国際言語文化研究科
初等教育高度実践研究科
健康科学研究科
環境防災研究科
ウェブサイト 常葉大学公式サイト
テンプレートを表示

常葉大学(とこはだいがく、英語: Tokoha University)は、静岡県静岡市駿河区弥生町6番1号に本部を置く日本私立大学である。1980年に設置された。大学の略称常大(とこだい)、常葉(とこは)。

概観[編集]

大学全体[編集]

学校法人常葉学園により、1980年(昭和55年)に常葉学園大学として開学した。2013年4月、浜松大学富士常葉大学との統合と同時に名称変更した。在校生の卒業とともに廃止される浜松大学、富士常葉大学と異なり、常葉学園大学は存続されており[1]、そのため常葉学園大学の既存学部は、統合に際し、改めて課程認定の申請は受けていない[2]。統合に伴う学部の認可にあたっては、統合によるスケールメリット、多様性、総合大学としての利点を活かした具体的な計画を策定。実行することや、同様の学部・学科が併存することで受験生が混乱しないよう、相違について理解されるよう、適切に周知するよう指摘された[3]

常葉大学の常葉は、万葉集にある聖武天皇の御製「橘は実さへ 花さへ その葉さへ 枝に霜ふれど いや常葉の樹」に因んでいる[4]

教育および研究[編集]

  • 平成17年度に富士常葉大学が保育学科を設置申請した際、初等教育課程、生涯学習学科昼間主コース、心理教育学科の入学定員超過の是正に努めるよう指摘がされた[5]
  • 生涯学習学科は1997年12月19日設置[6]され、平成19年度に定員超過の是正に努めるよう文部科学省から指摘を受けた[7]
  • 法学部は2013年4月1日設置。2010年12月に発表した計画では、地域政策学科の設置も計画されていたが、法律学科のみ設置した[8]法科大学院への逆風が吹く中での法学部設置となった[9]。静岡県内にある大学としては、はじめての法学部である。
  • 健康科学部は、2013年4月1日設置。2010年12月に発表された計画では、看護医療学部という名称であり、看護学科と理学療法学科の設置が計画されていた[8]。浜松大学保健医療学部に理学療法学科があったことから、静岡理学療法学科として設置した。静岡理学療法科は、常葉学園静岡リハビリテーション専門学校理学療法専門課程を改組しての設置である[10]
  • 経営学部は2013年4月1日設置、当初文部科学省に、浜松大学ビジネスデザイン学部を経営学科・経営情報学科、富士常葉大学総合経営学科を総合経営学科として設置認可申請をしていたが、文部科学省との協議により、浜松経営学科、富士経営学科に改組する申請に変更した[11]。さらに設置審査で保留となったことから[12]、経営学科に設置変更した。
  • 社会環境学部は富士常葉大学に2009年8月31日設置[6]社会科学分野ではなく、自然科学分野を軸とした教育課程である[3]
  • 保育学科は富士市富士宮市沼津市など、静岡県東部地域の幼稚園・保育所などへの就職者が多いものとなっている[13]
  • 初等教育高度実践研究科(教職大学院)は2007年12月3日設置[6]。静岡県内では初となる教職大学院となった[4]

沿革[編集]

略歴[編集]

常葉大学は歴史学者教育者旧制静岡高等学校教授であった木宮泰彦が1946年静岡浅間神社北回廊を仮校舎として創立した静岡女子高等学院を源流とする。

2013年に常葉学園大学・浜松大学富士常葉大学の3大学を統合し、10学部19学科1別科、5研究科7専攻を擁する静岡県内最大規模の総合大学となった。

年表[編集]

  • 1946年4月 - 木宮泰彦が静岡浅間神社北回廊を仮校舎として静岡女子高等学院を創立
  • 1948年2月 - 財団法人常葉学園の設置を認可
  • 1950年12月 - 財団法人常葉学園の学校法人への組織変更を認可
  • 1980年1月8日 - 常葉学園大学が開学[6]教育学部初等教育課程を開設[4]
  • 1984年4月 - 外国語学部英米語学科、スペイン語学科を開設
  • 1988年4月 - 常葉学園浜松大学が開学、経営情報学部経営情報学科を開設
  • 1990年4月 - 常葉学園富士短期大学が開学、商学科国際教養科を開設
  • 1994年4月 - 常葉学園浜松大学に国際経済学部国際経済学科を開設
  • 1996年4月 - 常葉学園大学大学院が開学、国際言語文化研究科英米言語文化専攻、国際教育専攻を開設。常葉学園浜松大学大学院が開学、経営学研究科経営学専攻開設
  • 1998年4月 - 常葉学園大学教育学部に生涯学習学科(昼夜開講制)を開設。常葉学園浜松大学を浜松大学へ改称[6]
  • 2000年4月 - 常葉学園富士短期大学を改組し富士常葉大学を開学[6]、流通経済学部流通経済学科、環境防災学部環境防災学科を開設
  • 2001年4月 - 浜松大学経営情報学部に情報ネットワーク学科を開設
  • 2002年4月 - 常葉学園大学に造形学部造形学科を開設
  • 2004年4月 - 常葉学園大学教育学部に心理教育学科を、外国語学部にスペイン語学科を改組しグローバルコミュニケーション学科を開設
  • 2005年4月 - 浜松大学に健康プロデュース学部健康栄養学科、こども健康学科、心身マネジメント学科を、別科に留学生別科を開設
  • 2006年4月 - 富士常葉大学に保育学部保育学科を開設、流通経済学部流通経済学科の名称を総合経営学部総合経営学科へ変更、別科に留学生別科を開設。富士常葉大学大学院を開学、環境防災研究科環境防災専攻を開設
  • 2007年4月 - 浜松大学経営情報学部、国際経済学部を改組し、ビジネスデザイン学部経営情報学科、サービスと経営学科を開設
  • 2008年4月 - 常葉学園大学大学院に初等教育高度実践研究科初等教育高度実践専攻を開設
  • 2009年4月 - 浜松大学に保健医療学部理学療法学科、作業療法学科を開設。浜松大学大学院に健康科学研究科健康栄養科学専攻、臨床心理学専攻を開設
  • 2010年4月 - 浜松大学健康プロデュース学部に健康鍼灸学科、健康柔道整復学科を開設。富士常葉大学環境防災学部環境防災学科を改組し社会環境学部社会環境学科を開設
  • 2012年12月 - 浜松大学、富士常葉大学の学部の統合、新設学部設置を認可
  • 2013年4月 - 浜松大学、富士常葉大学を常葉学園大学に統合し、名称を常葉大学に変更。法学部法律学科、健康科学部看護学科、静岡理学療法学科を開設
  • 2017年4月 - 法人名を「学校法人常葉学園」から「学校法人常葉大学」に変更
  • 2018年4月 - 静岡草薙キャンパス開校。富士キャンパス閉鎖

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 静岡瀬名キャンパス(静岡県静岡市葵区瀬名一丁目22番1号)
  • 静岡水落キャンパス(静岡県静岡市葵区水落町1番30号)
  • 静岡草薙キャンパス(静岡県静岡市駿河区弥生町6番1号)
  • 浜松キャンパス(静岡県浜松市北区都田町1230)

象徴[編集]

の木のつねに青々とした葉を象徴としている[13]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

  • 教育学部
    • 初等教育課程
    • 生涯学習学科
    • 心理教育学科
      • 教育カウセリング専攻
      • 心理発達専攻
  • 外国語学部
    • 英米語学科
    • グローバルコミュニケーション学科
  • 造形学部
    • 造形学科
      • アート表現コース
      • ビジュアルデザインコース
      • デジタル表現デザインコース
      • 環境デザインコース
  • 法学部
    • 法律学科
  • 健康科学部
    • 看護学科
    • 静岡理学療法学科
  • 健康プロデュース学部
    • 健康栄養学科
    • こども健康学科
    • 心身マネジメント学科
    • 健康鍼灸学科
    • 健康柔道整復学科
  • 保健医療学部
    • 理学療法学科
    • 作業療法学科
  • 経営学部
    • 経営学科
  • 社会環境学部
    • 社会環境学科
  • 保育学部
    • 保育学科

別科[編集]

  • 留学生別科

大学院[編集]

短期大学部[編集]

附属機関[編集]

  • 附属図書館
    • 静岡瀬名図書館
    • 静岡水落図書館
    • 静岡草薙図書館
    • 浜松図書館
  • 学生支援機関
    • キャリアサポートセンター
    • 教職支援センター
    • 外国語学習支援センター
    • 学生生活支援センター
    • 基礎教育センター
  • とこは鍼灸接骨院
  • 臨床心理教育実践センター
  • 総合研究所
  • 社会災害研究センター
  • 地域法政策研究・実践センター
  • 社会貢献・ボランティアセンター「HUVOC」
  • 常葉リハビリテーション病院

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

静岡瀬名キャンパス[編集]

静岡水落キャンパス[編集]

静岡水落キャンパス

常葉大学附属常葉中学校・高等学校の校地に、老朽化した同校校舎建て替えに合せて2013年に整備された[8]。静岡駅から徒歩15分の静岡市の中心地に新設された。

静岡草薙キャンパス[編集]

静岡草薙キャンパス
  • 使用学部:教育学部、外国語学部、経営学部、社会環境学部、保育学部、短期大学部(日本語日本文学科、保育科)
  • 使用研究科:大学院国際言語文化研究科、初等教育高度実践研究科、環境防災研究科
  • 交通アクセス:JR東海道線草薙駅北口から徒歩4分

ポーラ化成工業静岡工場(袋井工場への統合により閉鎖)の跡地(敷地面積約4万3000平方メートル)に、2018年4月13日に竣工、同月16日より使用開始[14]

浜松キャンパス[編集]

浜松キャンパス
  • 使用学部:経営学部、健康プロデュース学部、保健医療学部
  • 使用研究科:健康科学研究科
  • 交通アクセス:天竜浜名湖線常葉大学前駅から徒歩約7分、遠鉄バス都田線 「常葉大学正門」停留所から、徒歩2分、浜松市内循環のスクールバス。

旧浜松大学のキャンパス

過去に存在したキャンパス[編集]

富士キャンパス[編集]

  • 使用学部:経営学部、社会環境学部、保育学部
  • 使用研究科:環境防災研究科

富士常葉大学のキャンパスであり、富士市総合運動公園の一角に位置する。校舎は、1990年(平成2年)に常葉学園短期大学が開学した当初からの1号館、2000年(平成12年)四年制大学に改組された時に新設された2号館、2005年(平成17年)保育学部設置に向けて建設された3号館からなる。[13]

2018年3月、静岡草薙キャンパスに学部、研究科を移転し閉校。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

系列校[編集]

附属学校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 常葉学園の3大学統合 来年4月、「常葉大学」に”. 産経新聞 (2012年12月22日). 2012年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月6日閲覧。
  2. ^ 常葉大学の新設学部における教職課程認定について (PDF)”. 学校法人常葉学園 (2013年1月31日). 2013年4月6日閲覧。
  3. ^ a b 平成25年度開設予定大学等一覧 (PDF)”. 文部科学省 (2013年2月8日). 2013年4月6日閲覧。
  4. ^ a b c 法学部設置申請の趣旨等を記載した書類① (PDF)”. 文部科学省. 2013年4月6日閲覧。
  5. ^ 平成18年度開設予定大学等一覧”. 文部科学省 (2005年11月). 2013年4月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 『平成24年度 全国大学一覧』 文教協会、2012年8月8日、439-440頁。
  7. ^ 平成19年度 大学等設置に係る寄附行為(変更)認可後の財政状況及び施設等整備状況調査 留意事項”. 文部科学省 (2007年). 2013年4月6日閲覧。
  8. ^ a b c 大学統合、新学部設置、常葉学園中・高校の校舎新築について (PDF)”. 学校法人常葉学園 (2010年12月23日). 2013年4月6日閲覧。
  9. ^ 首都圏で看護系学部・学科の新設相次ぐ! 新設予定は3大学。1大学7短大が募集停止を予定 (PDF)”. 旺文社 (2012年7月). 2013年4月6日閲覧。
  10. ^ 健康科学部設置の趣旨等を記載した書類①”. 文部科学省. 2013年4月6日閲覧。
  11. ^ 常葉大学 経営学部・総合経営学部の変更点について【お知らせ】 (PDF)”. 学校法人常葉学園 (2012年9月5日). 2013年4月6日閲覧。
  12. ^ 【受験生の皆さまへ】常葉大学 経営学部について”. 浜松大学 (201211-21). 2013年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月6日閲覧。
  13. ^ a b c 大学の設置等の趣旨等を記載した書類 (PDF)”. 文部科学省高等教育局高等教育企画課大学設置室. 2013年4月6日閲覧。
  14. ^ “常葉大学の新キャンパス「静岡草薙キャンパス」がいよいよ始動! -- 4月13日に竣工式・開校式を開催”. 大学プレスセンター. (2018年4月6日). https://www.u-presscenter.jp/2018/04/post-39176.html 2018年4月14日閲覧。