常陸の輝き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

常陸の輝き(ひたちのかがやき)とは、茨城県が開発したブランド豚肉、またはその豚の生体。

茨城県のブランド豚には、常陸の輝きに先行してローズポークが存在したが、全農県本部傘下の養豚農家に生産が限られるため、茨城県産豚肉のうちの3%を占めるに過ぎなかったことから、より一般農家の参入がしやすい新ブランドとして開発された[1]

茨城県が開発したデュロック種系統豚「ローズD-1」[2][3]を交配して生産した三元豚に、脂肪の質を高める専用の飼料を給与されたもの。

茨城県養豚協会は、ローズD-1の特徴を「一般的な豚肉と比較して、赤身に含まれる脂肪割合が高い」と説明している[4][5][6]

ブランドネームは、825件の一般公募をもとに検討され「常陸の輝き」と命名された[7][4][8][9]

2018年12月17日から販売が開始された[10][11][12]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 笹山大志"新ブランド豚肉「常陸の輝き」 県35年ぶり開発、年内にも販売"朝日新聞2018年8月23日付朝刊、茨城版25ページ
  2. ^ “茨城)県産ブランド豚、農家の切り札に ローズD-1”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年11月2日). https://www.asahi.com/articles/ASKB0640MKB0UJHB01W.html 2018年10月31日閲覧。 
  3. ^ 「ヂュロック種系統豚 新銘柄へ「確立研」」日本農業新聞生産2017年7月14日
  4. ^ a b “【茨城新聞】新・県産豚肉「常陸の輝き」 ブランド命名 年内に発売へ”. 茨城新聞クロスアイ (茨城新聞社). (2018年8月23日). https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15349512944856 2018年10月31日閲覧。 
  5. ^ 「茨城の銘柄豚 甘く柔らか 高評価」日本農業新聞2017年8月26日
  6. ^ 産経新聞2017年11月2日
  7. ^ 茨城県新ブランド豚肉「常陸の輝き」発表”. 茨城県 (2018年8月24日). 2018年10月31日閲覧。
  8. ^ “新たな茨城県産銘柄豚は「常陸の輝き」”. 産経ニュース (産経新聞社). (2018年8月23日). https://www.sankei.com/life/news/180822/lif1808220027-n1.html 2018年10月31日閲覧。 
  9. ^ 朝日新聞 2018年8月23日
  10. ^ “茨城の新銘柄豚「常陸の輝き」、まず県内で17日発売”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2018年12月12日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38849820S8A211C1L60000/ 2018年12月18日閲覧。 
  11. ^ “【茨城新聞】「常陸の輝き」県新ブランド豚肉販売 東京・銀座”. 茨城新聞クロスアイ (茨城新聞社). (2018年12月18日). https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15450534404035 2018年12月19日閲覧。 
  12. ^ 茨城県. “茨城県新ブランド豚肉「常陸の輝き」販売開始” (日本語). 茨城県. 2019年1月7日閲覧。