帽子掛け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホールツリー

帽子掛け(英語:Hatstand (UK)、hatrack (US)、coat rack )とは、帽子のほか、しばしばコートをかける家具である。ハットスタンドハットラックコート掛けコートラックとも呼ばれる。

家の玄関ホールに置かれ、ヴィクトリア朝の家で重要な部分とされた。そういった家では、単に帽子やコート、傘を置いたり、住人不在時に残す書き置き名刺ビジッティングカード英語版)用の場所であるだけでなく、家の社会的地位、流行に対する知識を示すのに便利な装飾家具でもあった。

小型の家では、壁際に設置されるハンギングハットラックが玄関の狭さへの解決策となった。こういった家具の柱やフックは、壁に面白い景色を作った[1]

1920年代になると、小型の家では玄関には椅子テーブル、あればくらいしか置かれなくなり、クローゼット食器棚にコートや帽子がかけられるようになった。

ブレイクダンスの技[編集]

ブレイクダンスで、ヘッドスピン英語版に入る前段階の状態を ハットスタンド と呼ぶ[2]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • Dave Gormans Googlewhack Adventure 0-09-189196-5
  • New Oxford American Dictionary 0-19-517077-6

関連項目[編集]