平井克典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平井 克典
埼玉西武ライオンズ #25
Hirai25.jpg
2018年2月9日 宮崎・南郷キャンプにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県一宮市[1]
生年月日 (1991-12-20) 1991年12月20日(27歳)
身長
体重
180 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト5位
初出場 2017年5月27日
年俸 1億円(2020年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017

平井 克典(ひらい かつのり、1991年12月20日 - )は、愛知県一宮市出身[1]プロ野球選手投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校時代は一宮市立浅野小学校に通っていた[3]一宮市立南部中学校に進学し、愛知江南ボーイズに第18期生として所属した[4]

飛龍高等学校では、1年夏からベンチ入りした[5]。2年夏には、チームのベスト4入りに貢献した[6]。しかし、3年夏は登板機会がなく、チームも3回戦で敗退した。在学中は控え投手だった。

高校を卒業した後は、愛知産業大学に入学した。3年春には当時2部リーグだったチームのリーグ優勝に貢献し、さらに1部6位だった愛知工業大学を倒して1部昇格を果たし[7]、1部リーグでは2シーズンで計2勝を挙げた。しかし大学時代には企業チームからのオファーがなく、Honda鈴鹿硬式野球部に自ら売り込みをかけて採用を勝ち取った[8]

大学を卒業した後は本田技研工業に入社し、鈴鹿野球部でプレーした。社会人1年目はオーバースローだったが、結果を残せず秋にサイドスローに転向[9]。社会人3年目でブレイクし[10]JABA長野大会ではMVPを獲得。都市対抗野球でも2勝を挙げ、チームのベスト8入りに貢献した。また、日本選手権ではエースとして投げ、1回戦の新日鉄住金広畑戦では9回途中無失点の好投で勝利投手になったが、2回戦の酒居知史擁する大阪ガスとの試合に負け、チームは敗退した[11]

2016年ドラフト会議埼玉西武ライオンズから5位指名を受けて契約した。背番号は25。

プロ入り後[編集]

2017年は、5月後半に一軍登録されると5月25日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でデビュー。主に先発が早期降板した時、または接戦時のショートリリーフを任された。一軍登録されてからは1回も二軍に落ちることなく42試合に登板、プロ初勝利も記録した。オフの10月12日に第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ日本代表に選出された[12]

2018年はリリーフとして64試合に登板し、3勝1敗21ホールドを挙げ、10年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

2019年は、クローザーの増田達至に繋ぐセットアッパーの役割を担い、チームのリーグ連覇を支えた。前年以上のハイペースで登板し9月20日、ついにパ・リーグ記録タイとなる78登板を達成。これにて「神様、仏様、稲尾様」と崇められた稲尾和久の記録と並んだ。9月24日千葉ロッテマリーンズ戦で単独2位となるシーズン81試合登板を記録。この試合でチームは21年ぶりとなる連覇を達成した[13]。その他にも、36ホールド、41ホールドポイント(36ホールド+5救援勝利、いずれもチームトップでリーグ2位)という好成績を収めている。

選手としての特徴・人物[編集]

スリークオーターに近いサイドスローで投げる[14]。「スライダーだけは磨き続けてきた」と、握りを試行錯誤しながら切れ味を増していったスライダーを軸に、安定感のある投球をみせる[15]。直球は148km/hをマークしている[16]。その他の球種としてカットボールやシュート[17]があり、2019年シーズンからはフォークを投じるようになったほか、稀にチェンジアップも投じている[18]

高校時代も社会人時代も野球で泣いたことがなかった。2018年9月27日の福岡ソフトバンクホークス戦では甲斐拓也に逆転タイムリーを打たれてマウンドを降りたが、8回裏に秋山翔吾が逆転ホームランを記録した際に、涙を流しながら秋山を迎えた[19]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 西武 42 0 0 0 0 2 0 0 4 1.000 184 45.0 43 4 10 0 3 42 3 1 15 12 2.40 1.18
2018 64 0 0 0 0 3 1 0 21 .750 217 53.0 40 9 19 0 2 54 1 0 22 20 3.40 1.11
2019 81 0 0 0 0 5 4 0 36 .556 354 82.1 77 6 32 3 6 66 4 0 33 32 3.50 1.32
通算:3年 187 0 0 0 0 10 5 0 61 .667 755 180.1 160 19 61 3 11 162 8 1 70 64 3.19 1.23
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2017 西武 42 5 1 0 0 1.000
2018 42 5 1 0 0 1.000
2019 81 4 9 0 0 1.000
通算 187 14 15 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

その他の記録

背番号[編集]

  • 25 (2017年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2016年プロ野球ドラフト”. スポニチアネックス. 2016年12月30日閲覧。
  2. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2019年12月3日閲覧。
  3. ^ 一宮市立浅野小学校”. 一宮市立浅野小学校サイト. 2016年12月28日閲覧。
  4. ^ 愛知江南ボーイズ”. 愛知江南ボーイズサイト. 2016年12月28日閲覧。
  5. ^ 平井克典プロフィール”. スポーツナビ. 2016年12月26日閲覧。
  6. ^ 西武5位平井 社会人で急成長の遅咲き右腕”. 日刊スポーツ. 2016年12月25日閲覧。
  7. ^ 中日進学ナビ”. 中日進学ナビ. 2016年12月29日閲覧。
  8. ^ 小学館グランドスラム誌49号、Honda鈴鹿のチーム紹介ページより。
  9. ^ 社会人野球:ホンダ鈴鹿・平井 切れ味増したスライダー”. 毎日新聞. 2016年12月27日閲覧。
  10. ^ 【ドラフト特集】東海3県の高校生・社会人篇 達人に訊け!”. 中日新聞プラス. 2016年12月30日閲覧。
  11. ^ 巨人ドラ4・池田が大会MVP 日本選手権に出場したドラフト選手たち(ベースボールキング) - Yahoo!ニュース”. ベースボールキング - Yahoo!ニュース. 2016年12月27日閲覧。
  12. ^ 大会出場メンバー25名を発表 3監督が記者会見で意気込みを語る 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月12日) 2017年10月22日閲覧
  13. ^ “西武平井がシーズン登板数で単独歴代2位、81試合登板”. 毎日新聞. (2019年9月24日). https://mainichi.jp/articles/20190924/k00/00m/050/313000c 
  14. ^ https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/02/kiji/K20161102013646080.html
  15. ^ 西武 - 2016年指名選手 - ドラフト - 野球 - SANSPO.COM”. 産経スポーツ. 2017年7月7日閲覧。
  16. ^ https://full-count.jp/2019/09/20/post545078/
  17. ^ “西武の秘密兵器だドラ5平井 多彩変化球に他球団007クギ付け”. スポニチ. (2017年2月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/02/06/kiji/20170206s00001173035000c.html 2019年6月30日閲覧。 
  18. ^ 防御率12球団最下位の西武を救うか。左キラーに生まれ変わった平井克典。”. Number. 2019年6月30日閲覧。
  19. ^ “西武平井 忘れられない試合「神様、仏様、秋山様」”. 日刊スポーツ. (2018年9月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809280000120.html 2018年12月21日閲覧。 

関連項目[編集]