平井文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひらい ふみお
平井 文夫
生誕 (1959-08-09) 1959年8月9日(60歳)
日本の旗 日本 長崎県
出身校 立命館大学経済学部

平井 文夫(ひらい ふみお、1959年8月9日 - )は、フジテレビ報道局解説委員室上席解説委員。国内政治、及び外交などを専門としている。

人物[編集]

長崎県長崎市生まれ、山口県防府市出身[1]

父親は医師だった[2]

山口県立防府高等学校卒業[3]1982年立命館大学経済学部卒業。大学時代には探検部に所属するとともに、単身で世界15ヶ国を旅した[4]

大学卒業後、1982年にフジテレビジョンに入社。

スーパータイム」ディレクターを経て、社会部では厚労省や宮内庁を担当した。1989年の昭和天皇崩御の際は、宮内庁前から中継を担当した。

社会部記者を経て1989年春に外信部へ次期海外特派員含みで異動した数ヶ月後、北京で起きた六四天安門事件を部長に志願して現地取材した[5]。報道局外信部ワシントン特派員、『ニュースJAPAN』プロデューサー、首相官邸キャップ、報道センター編集長、取材センター室長兼政治部長、報道局専任局長、解説副委員長などを経て、2016年2月から上席解説委員に就任した。

2019年8月31日付けで、38年勤めたフジテレビを定年退職したが、9月1日付けでフジテレビと新たな労働契約を結んだため、現在も継続して勤務中である[6]

主な略歴[編集]

  • 1982年 - フジテレビジョン入社
  • 1990年 - ワシントン特派員(米大統領選挙湾岸戦争等を取材)
  • 1994年 - 政治部野党、自民党、官邸キャップ(村山橋本小渕政権を取材)
  • 1998年 - 「ニュースJAPAN」「スーパーニュース」プロデューサー
  • 2000年 - 政治部デスク 兼 FNN選挙本部事務局長
  • 2005年 - 報道センター編集長
  • 2008年 - 取材センター長 兼 政治部長
  • 2010年 - 報道局専任局長
  • 2011年 - 解説副委員長
  • 2016年 - 上席解説委員[7]

出演番組[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成28年度「会員の集い」ご案内 講演会講師:平井文夫 熊本商工会議所
  2. ^ 昭和天皇崩御から30年 ドクターXと見た陛下の最期 フジテレビ・FNN(2019年1月7日)
  3. ^ 新報道2001 『防府日記』 ほうふ日報、2010年3月23日、平成23年6月21日閲覧
  4. ^ 平井文夫さん 立命館大学校友会報 『りつめい』 No.243 2011年1月
  5. ^ 「俺、殺される」銃声が飛び交う現場で嘔吐しながら伝えた天安門事件 - FNN.jpプライムオンライン
  6. ^ 60歳で定年退職と言われても...年金制度の継続には国民の覚悟も必要なのだ! フジテレビ・FNN(2019年9月6日)
  7. ^ 『報道現場から見た日本経済の実像』 講師・平井文夫 日本電信電話ユーザ協会(2017年1月吉日)

関連項目[編集]

関連リンク[編集]