平井氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
肥前平井氏
家紋
寄り掛目結
本姓 藤原北家 秀郷流または道長流 武藤氏支流
家祖 平井経氏
種別 武家
出身地 筑前国
主な根拠地 肥前国杵島郡豊前国対馬国
著名な人物 平井経治
凡例 / Category:日本の氏族

平井氏(ひらいし)は、日本氏族のひとつ。

平井氏は中九州の大友氏、南九州の島津氏と並ぶ鎌倉時代以来の三守護家であり、北部九州の大部分及び太宰府を統括した名族「少弐氏(武藤氏)」の一門(同族)である。

歴史[編集]

平井氏は15世紀の中頃には佐賀県の須古(杵島郡白石町)周辺を支配していたとされ、1万余騎[1]を従える地域の一大勢力を誇り、当時の佐賀県で最大級とされる「須古城」、「杵島城」、「男島城」と三つの城郭群で構成される難攻不落の居城を有した。

千葉氏の家臣となり有馬氏に備えてこの地へ配されたことに始まるという。

婚姻により、大永5年(1525年)、杵島の地にいた平井経則は有馬氏に寝返り、千葉氏や本家少弐氏とも対立。後に北部九州の覇者となる龍造寺氏から永禄6年(1563年)から天正2年(1574年)までの間に4度に渡る「須古城の戦い」の攻防を受け天正2年(1574年)ついに落城し滅亡した。『肥陽軍記』では城主平井経治は切腹して果てたとしているが詳細は不明である。『直茂公譜』によると、残された遺児は鍋島直茂公により鍋島家で召し抱えられ、その末裔(まつえい)は蓮池鍋島藩に末長く仕えたという[2][3]

後に須古城は龍造寺氏の属城となり、龍造寺隆信が隠居すると移り住み居城とした。天正12年(1584年)龍造寺隆信は有馬・島津連合軍との戦いで討死したが、須古城は隆信の弟龍造寺信周の居城となり、須古鍋島家の祖となった。

現在、陽興寺(佐賀県杵島郡白石町)の須古鍋島家御霊屋北側に、平井一族の墓とされる宝篋印塔5基がある[4]

出自[編集]

平井氏は少弐氏から派生した氏族であり藤原北家秀郷流と称した武藤氏の系統である。それは平井経治の花押、署名が藤原姓としていることからも垣間見ることができる。

歴代当主[編集]

  1. 平井経氏 武藤豊前
  2. 平井経高 武藤神左衛門尉
  3. 平井尚経 武藤豊前
  4. 平井盛秀 武藤神左衛門大夫
  5. 平井経秀 平井山城守 刑部少輔
  6. 平井経貞 平井豊前守 刑部少輔
  7. 平井頼兼 須古高岳城(須古城)に移り住む
  8. 平井経則 平井治部太輔 婚姻により有馬氏に従属
  9. 平井経治 平井権大夫武蔵守 当代無双(その時代において比類無く優れている)の勇将として知られる
  10. 平井直秀 須古小嶋の城に住み討死
  11. 平井経房 平井興市郎 改勘座衛門尉 室:鍋島直茂公御養女 百武志摩守
  12. 平井経清 百武姓を名乗る

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 白石町史 1974, p. [要ページ番号].
  2. ^ 馬渡 1995.
  3. ^ 『直茂公譜』
  4. ^ 白石町 2017.

参考文献[編集]

  • 『日本の武将45 龍造寺隆信』川副 博(人物往来社 、1967年)
  • 白石町史編纂委員会編 『白石町史』 白石町史編纂委員会、1974年2月NCID BN03195750 
  • 白石町役場. “平井経治(ひらいつねはる)”. 白石町ホームページ. 白石町. 2017年5月24日閲覧。
  • 『日本合戦騒動叢書5 肥陽軍記』 原田種眞(現代語訳)(勉誠社 1994年) ISBN 4-585-05105-8
  • 馬渡俊継、高野和人編、 『北肥戰誌(九州治乱記)』 青潮社、1995年1月NCID BN11676164 
史料
  • 『直茂公譜』
  • 『武藤氏系図』