平修二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平 修二(たいら しゅうじ、1920年10月22日 - 1978年10月23日)は日本の機械工学者。

経歴[編集]

兵庫県出身。甲陽中学校(19回卒)、姫路高等学校 (旧制)(現在の神戸大学)を経て、京都帝国大学卒。昭和32年京都大学教授となる。1971年、金属材料の強度に関する研究で、横堀武夫とともに、日本学士院賞を受賞。X線フラクトグラフィの権威。

人物[編集]

姫路高校時代は水泳に打ち込んだ[1]。その著書はしばしば大学の機械工学科で教科書として用いられた。

著書[編集]

  • 『現代弾性力学』
  • 『材料の高温強度論』
  • 『現代材料力学』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 甲陽だより(平修二の母校である甲陽学院機の関紙)一号