平公 (宋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平公(へいこう、? - 紀元前532年)は、春秋時代の君主(在位前576年 - 前532年)。姓は子、名は成。共公の子。紀元前576年、共公に代わって戚での会盟に参加した。この年に共公が死去すると、司馬の蕩沢(子山)が公子肥を殺害し、華元をも殺そうとした。華元はに亡命しようとしたが、魚石がこれを引き止め、華元は帰国した。華喜と公孫師が蕩氏を攻め、蕩沢を殺害した。魚石はに亡命し、平公は宋公に擁立された。紀元前573年、楚が宋の彭城を奪い、魚石を彭城に封じた。紀元前572年、晋・・宋・などの連合軍が彭城を包囲し、魚石を殺して彭城を宋に返還した。紀元前546年、宋の大夫の向戌の働きかけで晋の趙武・楚の屈建・魯の叔孫豹・の公孫帰生・衛の石悪・の孔奐・の良霄らが宋の都に参集し、2度目の弭兵の会が開かれた。紀元前532年、平公は在位44年で死去した。

参考文献[編集]

  • 史記』宋微子世家第8
  • 春秋左氏伝』成公15年、18年、襄公元年、27年、昭公10年