平和列車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平和列車(DMZ-train)
평화열차
幸信駅を通過するDMZ-train
幸信駅を通過するDMZ-train
運行者 韓国鉄道公社(KORAIL)
列車種別セマウル号等級)
経由線区 京釜線京義線
京釜線・京元線(運行休止中)
使用車両 9501系気動車(3両編成)
運行開始 2014年5月4日
テンプレートを表示
平和列車(DMZ train)
各種表記
ハングル 평화열차
漢字 平和列車
発音 ピョンファヨルチャ
日本語読み: へいわれっしゃ
英語表記: DMZ-train

平和列車(へいわれっしゃ、: 평화열차)、通称DMZ-trainは、韓国鉄道公社(KORAIL)が運行する観光列車である。

DMZとは「非武装地帯」を意味する Demilitarized zone の略称で、列車の行き先軍事境界線近傍であることにちなんだものである。

車両ムグンファ号用の韓国鉄道9501系気動車を改造してものであるが、料金帯はセマウル号特室料金(JR特急グリーン車相当)が適用される。

概要[編集]

2013年に車両の改造・改装が始まった。当初、同年の10月頃に運行を開始する予定だったが、車両を改造する業者の選定に難航し、さらに相次いで鉄道労協ストライキを起こしたため、運行スケジュールが延期され、2014年5月4日から3両編成で運行を開始した。

北側の先頭車には「鉄馬は走りたい」に象徴される蒸気機関車を、中間車と南側の先頭車には平和象徴する赤と青の服を着た東西の老若男女が手を取りあった姿がデザインされている。[1]

歴史[編集]

運行路線[編集]

停車駅[編集]

停車駅は2017年7月1日時点の情報である。[2]

京義線[編集]

龍山駅 - ソウル駅 - 山駅 - 雲泉駅 - 臨津江駅 - 都羅山駅

京元線(運行休止中)[編集]

ソウル駅 - 清凉里駅 - 議政府駅 - 東豆川駅 - 逍遥山駅 - 漣川駅 - 新炭里駅 - 白馬高地駅

  • 白馬高地駅は韓国内で通常の旅客営業を行う駅としては最北端に位置する。

運賃[編集]

ナドゥリパス[編集]

2、3日券を発券し、自由席は2日券は50,000ウォン、3日券は70,000ウォンだが、座席指定券は2日券70,000ウォン、3日券は100,000ウォンである。ナドゥリパスを購入すると、この列車だけでなく、一般列車のセマウル号はもちろん、ムグンファ号の特室も座席を指定して乗車できる。ただし、これらの指定席が満席の場合は立ち席で指定席車を利用するか、自由席の利用となる。

DMZ Pass[編集]

この列車は、他の観光列車のパスとは異なり、当日に限り利用が可能である。京義線DMZ Passは、大人の場合16,000ウォンであり、京元線DMZ Passは23,000ウォンである。ナドゥリパスとは異なり、63ビル、ソウルシティツアーバス、Nソウルタワー、グランドアンバサダーなど連携のメリットがある。

料金はソウル - 都羅山間が8900ウォン、ソウル - 白馬高地間が12400ウォン(小人半額)。ただし、都羅山駅・白馬高地駅(往復)で発売時には、民統線立ち入り手続きを踏むため、身分証明書もしくは外国人の場合パスポートを提示しなければならない。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 5月から都羅山駅行きのDMZ-Train 運行再開へ, 뉴스원 (News 1 Korea), 2014年2月18日
  2. ^ (朝鮮語)공지사항 - 관광전용열차 운행구간조정 안내 (お知らせ - 観光専用列車の運行区間調整についてのご案内)

関連項目[編集]

  • DMZ - 韓国観光公社(2016年12月30日更新)2017年10月18日閲覧
  • DMZ-Train at Korail[1](英語)
    • DMZ-Train at Korail[2](朝鮮語)