平和大橋 (札幌市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平和大橋
HeiwaOhashi2004-11a.jpg
豊平川上流(中央区側)から眺めた平和大橋(2004年11月)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 札幌市中央区 - 白石区
交差物件 豊平川
座標 北緯43度4分1秒 東経141度23分9.2秒 / 北緯43.06694度 東経141.385889度 / 43.06694; 141.385889座標: 北緯43度4分1秒 東経141度23分9.2秒 / 北緯43.06694度 東経141.385889度 / 43.06694; 141.385889
構造諸元
形式 2径間連続鋼床版箱桁橋[1]
全長 184m[1]
20m~26m(右左折専用車線含む)[2]
地図
平和大橋 (札幌市)の位置(札幌市内)
平和大橋 (札幌市)
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
平和大橋の下部(2004年11月)

平和大橋(へいわおおはし)は、札幌市豊平川にかかる

2004年(平成16年)9月7日に開通した[2]

概要[編集]

札幌市の幹線道路である平和通の橋として苗穂地区(中央区)と菊水上町地区(白石区)を結んでいる[3]

中央区側に国道275号(北1条雁来通)との交差点があり、橋梁上に右左折専用車線が整備されている[3]

橋の名前は、札幌市が1992年(平成4年)に「札幌市平和都市宣言」を行ったこと[4]、「平和通の橋」であること、「平和な世界が築けるよう願う」という意味が込められている[5]。橋の両端には宣言文を刻んだ金属パネル(レリーフ)が設置され、台座には市民から寄せられた平和へのメッセージを詰めたタイムカプセルが納められている[5]

平和大橋の開通により、周辺の橋の交通量・混雑度が減少した[5]

周辺[編集]

  • 豊平川緑地

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平和大橋”. 札幌市. 2015年1月8日閲覧。
  2. ^ a b 平和大橋の開通について (PDF)”. 土木部街路課. 札幌市建設局. 2015年1月8日閲覧。
  3. ^ a b 平和大橋・平和通整備事業 (PDF)”. 第18回 全国街路事業コンクール応募資料. 全国街路事業促進協議会. 2015年1月8日閲覧。
  4. ^ 札幌市平和都市宣言”. 札幌市. 2015年1月8日閲覧。
  5. ^ a b c 小山嘉隆、平山知昭. “平和大橋の事後評価について (PDF)”. 土木部街路課. 札幌市建設局. 2015年1月8日閲覧。

関連項目[編集]