平壌神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平壌神社
Heijo Shrine.JPG
所在地 朝鮮平安南道平壌府慶上町
主祭神 天照大神
国魂大神
社格 国幣小社[1]
創建 1913年大正2年)[1]
本殿の様式 神明造
例祭 10月2日[1]
テンプレートを表示

平壌神社(へいじょうじんじゃ)は、朝鮮平安南道平壌府(現・朝鮮民主主義人民共和国平壌市)にあった神社である。旧社格国幣小社[1]

祭神天照大神国魂大神であった[1]

歴史[編集]

1913年大正2年)1月1日に鎮座祭が行われ、1916年(大正5年)5月4日に正式な神社になった。1936年昭和11年)9月に新しい社殿が落成し[1]1937年(昭和12年)5月15日慶尚北道大邱府大邱神社とともに国幣小社に列格した[1]1945年昭和20年)、玉音放送により第二次世界大戦日本の降伏が国民に伝えられた8月15日の夜、平壌神社は放火により焼失した。その後、再建されることなく廃座された。

鎮座地は牡丹峰(ぼたんほう、モランボン)と呼ばれる小高いの南端で、平壌の景勝地である。現在、牡丹峰は公園になっており、平壌神社の跡地には金日成の像が建てられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]