平安名埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平安名埼灯台

Miyako Hennasaki Lighthouse.jpg

平安名埼灯台の位置(南西諸島内)
平安名埼灯台
航路標識番号
[国際標識番号]
7169 [M4737]
位置 北緯24度43分10秒 東経125度28分07秒 / 北緯24.71944度 東経125.46861度 / 24.71944; 125.46861座標: 北緯24度43分10秒 東経125度28分07秒 / 北緯24.71944度 東経125.46861度 / 24.71944; 125.46861
所在地 沖縄県宮古島市城辺保良1221-14
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート
レンズ LB-90型灯器[1]
灯質 単閃赤白互光
毎20秒に白1閃光赤1閃光
実効光度 白光290,000 cd
赤光250,000 cd
光達距離 18.0海里(約33km)
明弧 全度
塔高 24.5 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 43 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1967年昭和42年)3月27日
管轄 海上保安庁
第十一管区海上保安本部
テンプレートを表示

平安名埼灯台(へんなさきとうだい)は、沖縄県宮古島市宮古島東平安名岬に建つ大型灯台である[2]

概要[編集]

宮古島の東南端から東南に突き出した長さ約2km、幅約200mの細長い岬の突端に建つ灯台である。「日本の灯台50選」に選ばれている[1]。また、灯台を含む東平安名岬は国の名勝に指定されており、灯台周辺は「日本の都市公園100選」にも選定されている[3]

立地する場所は「東平安名」または「東平安名」とも表記されるが、本灯台の正式名称は平安名灯台である。

歴史[編集]

  • 1967年昭和42年)3月27日 - 設置、初点灯[3]。当初は琉球政府が管理しており、東平安名埼灯台と呼ばれた。
  • 1972年(昭和47年)5月15日 - 本土復帰に伴い、管理業務が海上保安庁に引き継がれ[4]、名称も平安名埼灯台に改名された。
  • 1996年平成8年)11月1日 - 参観灯台として一般公開を開始[5]
  • 2011年(平成23年)12月12日 - 工事のため一般公開を一時中止[6]
  • 2014年(平成26年)10月6日 - 平安名埼灯台が所在する区域を名勝「東平安名崎」に追加指定[7][8]

一般公開[編集]

最も南にある参観灯台であり、灯室部分までの97段の螺旋階段を登り、踊り場に出て東平安名岬や東シナ海太平洋を見渡すことができる[3][9]。見学に際しては、大人(中学生以上)に200円を基準とした寄付金が求められる[10]

交通[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b あなたが選ぶ「日本の灯台50選」”. 公益社団法人燈光会. 2019年1月14日閲覧。
  2. ^ 平安名埼灯台”. 第十一管区海上保安本部. 2019年1月14日閲覧。
  3. ^ a b c d 見学できる灯台・灯台資料展示室 平安名埼灯台”. 公益社団法人燈光会. 2019年11月10日閲覧。
  4. ^ 平安名埼灯台”. 第十一管区海上保安本部. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月12日閲覧。
  5. ^ “平安名埼灯台を通年公開 -宮古-”. 琉球新報. (1996年11月2日). オリジナルの2014年8月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140825195452/http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-87009-storytopic-86.html 
  6. ^ うるまの灯台ベストショット 平安名埼灯台”. 第十一管区海上保安本部. 2011年12月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月14日閲覧。
  7. ^ 平成26年10月6日文部科学省告示第144号
  8. ^ “国名勝地の範囲拡大 東平安名崎と八重干瀬/文化庁が追加指定”. 宮古毎日新聞. (2014年6月21日). http://www.miyakomainichi.com/2014/06/63934/ 
  9. ^ “東平安名埼灯台、来場者50万人に”. 宮古新報. (2009年12月6日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=196&continue=on 
  10. ^ 見学できる灯台 アーカイブ”. 公益社団法人燈光会. 2019年11月10日閲覧。

関連項目[編集]