平安残酷物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平安残酷物語』(へいあんざんこくものがたり)は、日日日による日本小説毎日新聞社の『まんたんブロード』並びに『まんたんウェブ』にて2008年5月号より1年間連載された後、大幅な加筆修正を加え、2011年に講談社BOXより、〈日日日×千葉サドル〉シリーズとして単行本が刊行された。連載版の挿絵は樋口彰彦が担当し、書籍版は千葉サドルが担当している。

一迅社の月刊漫画誌『月刊ComicREX』2014年4月号より、真西まりの作画による漫画版が連載された。

あらすじ[編集]

世界を襲った異変を契機に大人たちが滅び、代わりに跳梁跋扈する異形の虫と、生き残った子供たちが死を隣り合わせにしながらも共存している〈平安〉時代。「貴族」を自称する引きこもり・こづえや、その親友・小春は、日々コミカルながらも残酷かつ不条理な日常を甘受しつつ生きてゆく。

登場人物[編集]

藤原 こづえ(ふじわら -)
〈平安〉の世を怠惰に過ごす、貴族を自称する引きこもりの少女。齢は十代中盤。自宅のアパートで食っちゃねの日々を暮しているが、それ故に自身の生活を改善しようと試み、仕事の面接を受けてみようと一念発起したり、料理教室に足を運ぼうとしたりと行動力は高い。通販サイトを利用して一つ目の毛虫「ガノンドロフ」を購入してからは、彼と同居している。
作中を通して虫に喰われたり、「乙姫」なる怪物に消化されたり、異変以前の回想で死亡したりとエピソード単位で命を落としながらも、次の話では何事もなかったかのように日常を過ごしている。
砂倉 小春(さくら こはる)
こづえの親友で、彼女とは同年代。怠惰に生きるこづえに比べて溌剌とした性格であり、彼女を心配しながらも悪友的な関係を築いている。〈日日日×千葉サドル〉シリーズの続刊『図書館パラセクト』では語り部を担当。

単行本[編集]

  • 著:日日日、イラスト:千葉サドル『平安残酷物語』 講談社BOX、全1巻
    1. 2011年11月2日発売、ISBN 978-4062837835

漫画[編集]

  • 原作:日日日、漫画:真西まり『平安残酷物語』 REXコミックス(一迅社)、全2巻
    1. 2014年8月27日発売、ISBN 978-4758064675
    2. 2015年4月27日発売、ISBN 978-4758065054