平安遺文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

平安遺文(へいあんいぶん)は、歴史家竹内理三平安時代の文書を編年でまとめた史料集である。古文書編、金石文編、題跋編、索引編の全15巻。

古文書編は1947年(昭和22年)に刊行を始め、1957年までに9巻を刊行。781年(天応元年)から1185年(元暦2年)の古文書を収める。その後、第10巻(拾遺、1962年)、第11巻(総目録・解説、1967年)を追加した。

また、金石文編(1巻、1960年)、題跋編(1巻、1968年)、索引編(2巻、1978年・1980年)が刊行されている。

東京大学史料編纂所の公式サイトに「平安遺文フルテキストデータベース」がある[1]

関連項目[編集]