平山瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平山 瑞穂(ひらやま みずほ、1968年9月6日 - )は日本の小説家。男性。

1968年東京生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年、『ラス・マンチャス通信』で第16回日本ファンタジーノベル大賞受賞、同年暮、受賞作が新潮社より刊行されデビュー。会社勤務の傍ら執筆活動を続けていたが、2011年2月より専業作家として活動している。

エピソード[編集]

  • 小説家・随筆家の平山蘆江は曾祖父。
  • 祖母は元タカラジェンヌ宝塚歌劇団卒業生でもある、宝塚歌劇団14期生の近江ひさ子。
  • 父は日本文学研究者の平山城児、母は1962年に『白猫』で芥川龍之介賞候補にあがった加藤浩子。
  • 雑誌「PRESIDENT(プレジデント)2008.1.14号」にて、「連日深夜3時まで執筆をして体を壊したことがあった。今は、必ず5時間は睡眠時間を確保するようにしている」と語っている。
  • 1作ごとに作風を大胆に変える手法で知られるが、これについて本人は「手法として選んでいることではなく、結果としてそうなってしまった」「世間で言われるほどそれぞれの作品が違っているとは思っていない。底に流れるものは常に一貫しているし、どの作品にも、それまでに書いたあらゆる作品のエッセンスが顔を覗かせる瞬間が必ずあると思う」と発言している。

作品[編集]

単行本[編集]

長編
  • 『ラス・マンチャス通信』
  • 忘れないと誓ったぼくがいた
    • 新潮社 2006年2月 ISBN 9784104722020
    • 新潮文庫 2008年7月 ISBN 9784101354811
  • 『シュガーな俺』
    • 世界文化社 2006年10月 ISBN 9784418065325
    • 新潮文庫 2009年10月 ISBN 9784101354828
  • 『冥王星パーティ』 新潮社 2007年3月 ISBN 9784104722037
  • 『株式会社ハピネス計画』
  • 『プロトコル』
  • 『桃の向こう』 角川書店 2008年9月 ISBN 9784048738828 - 『野性時代』に断続的に発表していた短編を長編として改稿・加筆
    • 桃の向こう(野性時代 2007年5月号)
    • 第1章 浴衣姿の写真(野性時代 2007年10月号)
    • 第2章 シャボン玉の中へは(野性時代 2008年1月号)
    • 第3章 約束の聖地(野性時代 2008年4月号)
    • 第4章 出席しない男(野性時代 2008年7月号)
    • 傘の行方(書き下ろし)
  • 『魅機ちゃん』 小学館 2009年2月 ISBN 9784093592055 - イラスト・コミック:阿部潤月刊IKKI 2007年9月号~2008年8月号
  • 『マザー』 - 『きらら』2008年9月号から2010年2月号まで連載されていた『理想の人』の改題作
    • 小学館 2010年5月 ISBN 9784093862783
    • 小学館文庫 2012年11月 ISBN 9784094087673
  • 『有村ちさとによると世界は』 実業之日本社 2010年8月 ISBN 9784408535777 - 『プロトコル』のスピンオフ作品
  • 『偽憶』 幻冬舎 2010年11月 ISBN 9784344019164
  • 『3・15卒業闘争』 角川書店 2011年11月 ISBN 9784041100509
  • 『出ヤマト記』 朝日新聞出版 2012年4月 ISBN 9784022509659
  • 『大人になりきれない』 PHP研究所 2012年6月 ISBN 9784569804996
  • 『僕の心の埋まらない空洞』 新潮社 2012年9月 ISBN 9784104722044
短篇集
  • 『全世界のデボラ』 早川書房想像力の文学〉 2009年5月 ISBN 978-4152090294
    • 野天の人(SFマガジン 2005年7月号)
    • 十月二十一日の海(SFマガジン 2008年3月号)
    • 精を放つ樹木(SFマガジン 2009年4月号)
    • 均衡点(SFマガジン2009年5月増刊号「STRANGE FICTION」)
    • 棕櫚の名を(SFマガジン 2007年11月号)
    • 駆除する人々(書き下ろし)
    • 全世界のデボラ(SFマガジン 2006年1月号)

単行本未収録短編[編集]

  • 拾う神あり(小説すばる 2009年5月号)
  • 棺桶(野性時代 2010年11月号)

アンソロジー[編集]

  • 『Re-born はじまりの一歩』 実業之日本社 2008年3月 ISBN 9784408535258
    • 短編「会ったことがない女」(初出:月刊J-novel2007年8月号)収録。
  • 『未来妖怪 異形コレクション光文社文庫 2008年7月 ISBN 9784334744526
    • 短編「恋する蘭鋳」収録。
  • 『ザ・ベストミステリーズ 2011 推理小説年鑑』講談社 2011年7月 ISBN 9784061149120
    • 【分冊・改題】『Guilty 殺意の連鎖』講談社文庫 2014年4月 ISBN 9784062777797
      • 短編「棺桶」収録。
  • 『エール! 1』 実業之日本社 2012年10月 ISBN 9784408550985
    • 短編「六畳ひと間のLA」収録。

ネット連載[編集]

  • 『シュガーな俺』 電子書籍@nifty 2006年8月~

http://www.nifty.com/ebooks/special/sugar/

主な活動[編集]

雑誌
  • PRESIDENT(プレジデント)2008.1.14号にて、「勤め人がダブルキャリアで成功する法」というコラムで掲載される。