平岡なつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平岡定太郎となつ

平岡 なつ(ひらおか なつ、明治9年(1876年6月27日 - 昭和14年(1939年1月18日は、内務官僚平岡定太郎の妻。通称名は夏子、または夏。戸籍名はなつ。東京府士族大審院判事・永井岩之丞の長女。作家三島由紀夫(本名:平岡公威)の祖母にあたる。幼年時代の公威に影響を与えた。

生涯[編集]

明治9年(1876年)6月27日、父・永井岩之丞と、母・松平鷹(のちに高)との間に長女として生まれた。なつの母・高は、常陸宍戸藩主・松平頼位と、新門辰五郎の姪にあたる側室(佐々木氏の娘)との間に生まれた三女である。

明治21年(1888年)、12歳で有栖川宮熾仁親王の屋敷に行儀見習いとして仕える。明治26年(1893年)11月27日に、17歳で平岡定太郎と結婚するまでの約5年間、有栖川宮に仕えた。明治27年(1894年)10月12日、定太郎との間に一人息子のを儲ける。

大正13年(1924年)に長男・梓が、橋倭文重東京開成中学校の5代目校長・橋健三の次女)と結婚し、翌年の大正14年(1925年)1月14日、息子夫婦の間に長男・公威が誕生。49歳の夏子は、初孫の生まれた49日目に、「二階で赤ん坊を育てるのは危険だ」という口実の下、公威を両親から奪い自室で育て始める。嫁の倭文重が授乳する際も、夏子が時間を計ったという。坐骨神経痛の痛みで臥せっていることが多い夏子は、家族の中でヒステリックな振舞いに及ぶこともたびたびだった。車や鉄砲などの音の出る玩具は御法度で、公威に外での男の子らしい遊びを禁じた。遊び相手は女の子を選び、女言葉を使わせたという。公威を「小虎」、「小虎ちゃん」と呼び、溺愛した。昭和5年(1930年)1月、5歳の公威は自家中毒に罹り、死の一歩手前までいった。病弱な公威に対し、夏子は食事やおやつを厳しく制限し、貴族趣味を含む過保護な教育を行った。また、夏子は、歌舞伎泉鏡花などの小説を好み、後年の公威の小説家および劇作家としての作家的素養を培った。

昭和12年(1937年)4月、公威が学習院中等科に進み、両親の転居に伴い、夏子のもとを離れる。

昭和14年(1939年)1月18日、潰瘍出血のため死去。享年62。

人物[編集]

夏子は幼少の頃から癇症であったという。生活環境が変れば、気持も落ち着くはずと、有栖川宮家へ行儀見習いに5年間預けられたという。

夏子の弟・大屋敦(元住友本社理事、日銀政策委員)は、『私の履歴書』(日本経済新聞 1964年に連載)の中で、「ただ1人の姉は、昔の文学少女であった。鏡花を非常に愛読していた。私など、鏡花を読んでもその世界が荒唐無稽でついてゆけないのだが、文学少女だった姉はそれをたいへんおもしろいと感じるらしい。(中略)(三島由紀夫の)天与の文才は私の姉からの隔世遺伝かもしれない」[1]と語っている。

「三島由紀夫の無視された家系」(『月刊噂』1972年8月号)59-60頁によれば、「祖父の定太郎が永井奈徒と結婚したのは明治二六年、大学を卒業した翌年のことである。何と言っても帝大出の“学士さま”である。“学士さまならお嫁にやろか”と言われた時代だから、奈徒も不自然なく嫁いできたものと思われる。奈徒は、父は永井玄番頭の嗣子、その母は宍戸藩の松平頼位の娘、松平大炊守の妹というれっきとした名流の士族であった。百姓の定太郎が士族の娘を嫁にもらえたのも“学士さま”のお蔭であったろう。平岡家の家系には、この時はじめて名血と結びついた。しかし奈徒という女性は非常に気位が高く気性も激しかった。徳川家重臣の嫡流という意識を強く持ち、その上に美貌であったから、一介の百姓生まれの定太郎を内心では軽蔑していたようである。つね日頃から、『お殿様と駿河へ行って……』という話をし始めると、それは永井家が家臣として最後まで徳川慶喜と行動を共にしたというプライドからくるものであった。語学にも堪能で、ドイツ語フランス語を七十歳すぎても流暢に読んだり話したりすることができたともいう。定太郎は原敬に重用された性格でわかるように、能吏というよりは事業家肌であった」[2]という。

長男の梓によれば、「…子供が僕一人というのは、あながち母の邪推を待つまでもなく、その平常の振舞いからして父があるいはトリッペルにとっつかれていたためかと思われます。母自身も猛烈な坐骨神経痛にかかり、一生を苦しみ通したのですが、これも父のしわざだとの医者のひそひそ話を小耳にはさんだことがありました。大家族の中における長女たる自分の身分、家柄を過信するプライド、父の天衣無縫の行動、坐骨神経痛等々が重なり合って、母は精神肉体両面からの激痛でひどいヒステリーになる。この大型台風はたちまち家中をところせましと吹きまくり、その被害や以て想うべしという惨状でした」[3]という。

越次倶子は、「なつの生まれながらの癇症が、自分をかえりみてくれなかった夫定太郎への憎しみへと移り、やがて三島への偏愛となった」[4]という見解を示している。

野坂昭如は、「有栖川宮熾仁には、男子が1人しかいない。威仁といい、定太郎より一つ年上。威仁の青年期と、なつの行儀見習いの時期は一致する。威仁となつの間に恋が生まれても不思議はない。(中略)海軍に籍はおきながら、祖父の雅やかな血筋を受ける威仁を、この聡明にして美しい娘が愛したとして不思議はない」、「三島もなつに、さんざん昔話を聞かせられたはずだ。(中略)宮家での生活、なつは、威仁親王への恋心を、この上なく美しく物語った」[5]であろうと想像している。

家族・親族[編集]

永井家[編集]

  • 父・岩之丞(東京府士族大審院判事)
  • 母・松平頼位の三女)
    高は、松平頼位を父に、松平頼徳の妹として、安政4年(1857年)8月13日)に生まれた。父・松平頼位の側室であった母は佐々木氏の娘で、新門辰五郎の姪である。高は大正12年(1923年)9月18日に死去。享年68。
    夏子の弟・大屋敦は母・高について、「私の母の生まれた家もやはり小大名で、水戸烈公の弟の家であります。長兄松平大炊頭、頼徳は有名な武田耕雲斎のときに幕府から切腹を仰せつかり、家系ともどもみな切腹してしまいました。私の母は、家は貧しかったのでありますが、そこの家の娘として育って、十六歳ぐらいのころに私のおやじのところへ嫁に参りまして、その間に初めて十二人の子供ができたのであります。(中略)そんな訳で、母は水戸の宍戸藩の藩主の家でありますが、私の血筋には江戸っ子水戸っ子の両方が伝わっておるのであります」、「かように母の家は格式は高いが小藩で、維新後は貧乏華族の一つであった。(中略)十二人の子を産み、貧乏暮らしに一生を終わった。母はそういうことをうらみにも思わず、不平もこぼさず、父なき後は、たくさんの子供たちとその友だちにかこまれ、関東大震災後、上野東照宮社務所の一室で安らかに世を去った」[1]と語っている。また、祖母・佐藤糸(高の母)については、「母(高)には生母がいた。戸籍上の母でなく、生みの親ということである。当時の社会ではそういうことがありがちで、第二夫人だったわけだ。この生母つまり私の実の祖母は芝居茶屋の娘であったとのこと。私は生前会った記憶がある。たいへん美しいおばあさんだった。この祖母は新門辰五郎の姪であった由であるから、私も新門辰五郎の血をいくらかひいていると言えそうだ」[1]と語っている。
    公威は、夏子の伯父・松平頼安(高の兄)を登場させた短編『好色』を1948年(昭和23年)に書いているが、その中で高について、「頼安の妹の高姫は美しくて豪毅な女性だつた。写真で見る晩年の面影からも、眉のあたりの勝気なさはやかな感じと、秀でた鼻と、小さなつつましい形のよい口とが、微妙で雅趣のある調和を示してゐる。そこには封建時代の女性に特有なストイックな清冽さに充ちた稍々非情な美が見られるのである」と描写している[6]
  • 兄・壮吉海軍中佐
  • 弟・経済学博士、人口問題研究所所長)、第一銀行監査役)、東洋リノリューム社長)、住友本社理事。日銀政策委員)、急逝した五男(京都三高の学生時、スペイン風邪で死去)
  • 妹・千恵電波研究所長・横山英太郎に嫁ぐ)、清子文子

平岡家[編集]

  • 夫・定太郎内務官僚。第3代・樺太庁長官。第17代・福島県知事
    野坂昭如によると、「明治二十六年、なつは満十七で定太郎の妻となった。ほんの二十年前までは、名門の武家の娘と町人、ましてや百姓の男が結婚するなど、考えられぬ仕儀、江戸時代なら直参と陪臣、御目見(おめみえ)以上と以下の縁組もない。士分以上の者が、百姓に娘を与える場合、これは捨てたことで、それにしても、間に仮親をつくり、その養女として後、嫁がせた。鹿鳴館時代を過ぎ、教育勅語も発布された。文明開化の波は日増しに高まるとはいえ、母方の祖父は徳川に連なり、父方のそれは幕府若年寄である娘と、播州の、二代前は所払いとなっている百姓の倅(せがれ)、いかに帝大出とはいえ、卒業は八年おくれているのだ、まことに不自然」[5]だという。
  • 長男・農商務官僚)
  • 孫・公威(作家)、美津子千之外交官

脚注[編集]

  1. ^ a b c 私の履歴書 第22集』(日本経済新聞社、1964年)、『私の履歴書 経済人7』(日本経済新聞社出版局、1980年)
  2. ^ 梶山季之責任編集『月刊噂』1972年8月号所載「三島由紀夫の無視された家系」)
  3. ^ 平岡梓『倅・三島由紀夫』(文藝春秋、1972年)
  4. ^ 越次倶子『三島由紀夫 文学の軌跡』(広論社、1983年)
  5. ^ a b 野坂昭如『赫奕たる逆光 私説・三島由紀夫』(文藝春秋、1987年)
  6. ^ 三島由紀夫『好色』(小説界 1948年7月号に掲載)、『決定版 三島由紀夫全集題17巻・短編3』(新潮社、2002年)

参考文献[編集]