平岡紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひらおか のりこ
平岡 紀子
生誕 (1959-06-02) 1959年6月2日(59歳)
日本の旗 日本東京都港区虎ノ門
虎の門病院
国籍 日本の旗 日本
別名 冨田紀子
出身校 学習院女子中・高等科
学習院大学文学部仏文科
職業 演出家
配偶者 冨田浩司外交官
子供 子供あり
平岡公威(父)、瑤子(母)
親戚 威一郎(弟)
平岡梓倭文重(祖父母)
杉山寧、元子(祖父母)
平岡千之(叔父)、美津子(叔母)
平岡定太郎なつ(曾祖父母)
橋健三、トミ(曾祖父母)
ウィキポータル 関連ポータルのリンク
  • ウィキポータル 文学
  • ウィキポータル 舞台芸術

平岡 紀子(ひらおか のりこ、1959年昭和34年)6月2日 - )は、日本演出家。父は三島由紀夫。母は平岡瑤子[1]。結婚後は、冨田紀子となった[2]。三島没後20年に、三島の戯曲『葵上』『弱法師』の演出を手がけ[3]、母親の死後は、弟・威一郎と共に三島の著作権保護に努めた[2]

略歴[編集]

1959年(昭和34年)6月2日、父・三島由紀夫(本名:平岡公威)と母・瑤子(旧姓:杉山)の長女として誕生[1]。19時頃、虎の門病院に駆けつけた三島は、新生児室のガラス越しに初めての我が子を見る[4][5]。6月8日のお七夜で「紀子」と命名された[6]。三島はもともと「尹」と名付けたかったが、当用漢字にないので諦め、その代わりに後に書かれる小説『宴のあと』(1960年)の登場人物に沢村尹と名付けたとされる[7]

3年後に誕生した弟・威一郎と共に、大田区馬込東1丁目1333番地(現・南馬込4丁目32-8)の家で育った紀子は[8][9]学習院幼稚園から学習院初等科に通った。皇太子徳仁親王とは学習院幼稚園と初等科で同級生であった 1964年(昭和39年)12月の幼稚園クリスマス会では、父・三島が潤色した『ちびくろさんぼのぼうけん』、1965年(昭和40年)12月には、同じく三島と母・瑤子の潤色の『舌切雀』が上演された[10][11]

その後、学習院女子中等科学習院女子高等科を経て、1982年(昭和57年)3月20日、学習院大学文学部仏文科を卒業した[12]

三島没後20年にあたる1990年(平成2年)1月には、三島の戯曲『葵上』と『弱法師』を舞踊劇にプロデュース・演出をし[3]、同年9月24日には、外交官冨田浩司と結婚。外交官夫人としてシンガポールに駐在し、子供を産んだ[13][14]

母・瑤子の死後、三島との愛人関係を描いた福島次郎の小説『剣と寒紅』が1998年平成10年)に出版されたが、その著書の中で福島が三島の書簡を無断公表したことに対して紀子は、著作権侵害の故を以て同書の出版差し止めを求め、弟の平岡威一郎と共に福島および文藝春秋東京地方裁判所に提訴し、2000年(平成12年)5月23日に勝訴が確定した[2][15][16]

紀子と三島由紀夫[編集]

紀子が1歳の赤ん坊の時、三島夫妻は、同居している倭文重に紀子を預けて、2人だけで3か月ほどアメリカヨーロッパエジプト香港に海外旅行に出かけた。三島はディズニーランドに行った際に、ドナルドダックの絵葉書を買って紀子宛てに、「のり子ちゃん元気ですか? お父様とお母様はディズニィ・ランドへ行きました。とても面白く、のり子ちゃんの喜びさうなものが一杯ありました」と書き、「元気でね絵本とお帽子を送りました」と締めくくっている[17]

紀子が4歳の時に、軽井沢滞在中の川端康成から紀子に可愛いが贈られ、喜ぶ紀子の様子を三島は嬉しそうに、「早速『幼稚園のピクニックにもつていく』と、大喜びで飛んだり跳ねたりしてをります」と川端への礼状に報告している[18]

その約半年前に三島は、子供が生れたての赤ん坊の頃は、「怪物的であつて、あんまり可愛らしくないので、これなら溺愛しないでもすみさうだ」と安心していたが、少し成長してくると「これは並々ならぬ可愛いもの」だと不安を感じたとし、「人から見て可愛くも何ともないものが可愛くみえるといふことは、すでに錯覚である。困つたことになつたものだと私は思つた」と語っている[19]

子供が可愛くなつてくると、男子として、一か八かの決断を下し、命を捨ててかからねばならぬときに、その決断が鈍り、臆病風を吹かせ、卑怯未練な振舞をするやうになるのではないかといふ恐怖がある。そこまで行かなくても、男が自分の主義を守るために、あらゆる妥協を排さねばならぬとき、子供可愛さのために、妥協を余儀なくされることがあるのではないか、といふ恐怖がある。(中略)

静かな道の外灯のあかりに、影法師が出た。これを見て、私はギョッとした。家人と私との間に、ちやんと両方から手を引かれた小さな影法師が歩いてゐる。(中略)動物的必然とはいひながら、正に人間と人生のふしぎである。(中略)私は、何ともいへぬ重圧的な感動に押しひしがれ、もう観念しなければならぬと思つた。

— 三島由紀夫「子供について」[19]

三島と楯の会候補生の陸上自衛隊体験入隊中に助教官を務めた江河弘喜は、自分の初めての子供(女児)の名付けを三島に依頼した[20]。候補名を3つ挙げた手紙の中で三島は自身の経験をふまえて、「どうしても可愛がりすぎてしまふ第一子は、女のお児さんがよろしく」と祝福しながら、「人生最初に得る我児は、何ものにも代へがたく、一挙手一投足が驚きであり㐂びであり、……啓示の如きものを感じますね」と綴って、ピンクと水色の産着2着を江河に贈ったという[20]

1970年(昭和45年)11月25日の自決の日、三島は楯の会の4名と車で市ヶ谷駐屯地へ向かう途中、学習院初等科校舎近くの手前に一時停車した際に、「わが母校の前を通るわけか。俺の子供も現在この時間にここに来て授業をうけている最中なんだよ」と、紀子のことを気にかけていたという[21][22]

家族・親族[編集]

平岡家[編集]

兵庫県印南郡志方町(現加古川市)、東京都

プロデュース作品[編集]

  • 東京グローブ座特別公演「三島由紀夫メモリアル」
    平岡紀子プロデュース ダンス・ネオ・ミシマ「エクリプス(月蝕) ―近代能楽集より」
    • 1990年(平成2年)1月17日 - 21日 東京グローブ座
    • 構成・演出・振付:竹邑類。製作:平岡紀子。出演:安達悦子、田島徹也、橋本さとみ、鈴木レイ子、前田清実、ほか
    • ※ 『葵上』のダンス化「三日月の章 ―葵上」と、『弱法師』のダンス化「新月の章 ―弱法師」の同時上演。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 有元伸子「平岡家」(事典 2000, pp. 572-575)
  2. ^ a b c 「年譜 平成10年」(42巻 2005, pp. 365-366)
  3. ^ a b 「年譜 平成2年1月17日」(42巻 2005, p. 356)
  4. ^ 齋藤康一「ファインダーの中の三島さん」(24巻 2002月報)
  5. ^ 「昭和34年6月、長女紀子誕生、虎ノ門病院にて」(写真集 2000
  6. ^ 裸体と衣裳――日記」(新潮 1958年4月号-1959年9月号)。30巻 2003, pp. 77-240
  7. ^ 「第三章 薔薇の痙攣」(生涯 1998, pp. 163-232)
  8. ^ 「わが育児論」(34巻 2003, pp. 84-87)
  9. ^ 「昭和40年、自邸にて、家族とともに」(写真集 2000
  10. ^ 「年譜 昭和39年12月」(42巻 2005, p. 269)
  11. ^ 「年譜 昭和51年7月中旬」(42巻 2005, p. 344)
  12. ^ 「昭和57年3月20日」(日録 1996, p. 445)
  13. ^ 「年譜 平成2年9月24日」(42巻 2005, p. 357)
  14. ^ 「終章」(川島 1996, pp. 231-235)
  15. ^ 「年譜 平成12年5月23日」(42巻 2005, p. 368)
  16. ^ 三島由紀夫の手紙無断使用事件 判例全文”. 2016年4月4日閲覧。
  17. ^ 「平岡紀子宛ての葉書」(昭和35年11月11日付)。補巻 2005, p. 235
  18. ^ 川端康成宛ての書簡」(昭和38年10月4日付)。38巻 2004, pp. 295-296
  19. ^ a b 「子供について」(弘済 1963年3月号)。32巻 2003, pp. 424-427
  20. ^ a b 「第二章 剣――段級審査」(杉山 2007, pp. 72-81)
  21. ^ 「第七章」(梓 1996, pp. 233-256)
  22. ^ 「第四章 憂国の黙契」(生涯 1998, pp. 233-331)

参考文献・資料[編集]

  • 『決定版 三島由紀夫全集24巻 戯曲4』 新潮社2002年11月ISBN 978-4106425646。 
  • 『決定版 三島由紀夫全集30巻 評論5』 新潮社、2003年5月ISBN 978-4106425707。 
  • 『決定版 三島由紀夫全集32巻 評論7』 新潮社、2003年7月ISBN 978-4106425721。 
  • 『決定版 三島由紀夫全集34巻 評論9』 新潮社、2003年9月ISBN 978-4106425745。 
  • 『決定版 三島由紀夫全集38巻 書簡』 新潮社、2004年3月ISBN 978-4106425783。 
  • 『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』 新潮社、2005年8月ISBN 978-4106425820。 
  • 『決定版 三島由紀夫全集補巻 補遺・索引』 新潮社、2005年12月ISBN 978-4106425837。 
  • 安藤武編 『三島由紀夫「日録」』 未知谷、1996年4月NCID BN14429897 
  • 安藤武 『三島由紀夫の生涯』 夏目書房、1998年9月ISBN 978-4931391390。 
  • 井上隆史; 佐藤秀明; 松本徹編 『三島由紀夫事典』 勉誠出版2000年11月ISBN 978-4585060185。 
  • 岡山典弘 『三島由紀夫外伝』 彩流社2014年11月ISBN 978-4779170225。 
  • 川島勝 『三島由紀夫』 文藝春秋1996年2月ISBN 978-4163512808。  - 著者は講談社での三島担当編集者。
  • 杉山隆男 『「兵士」になれなかった三島由紀夫』 小学館〈兵士シリーズ〉、2007年8月ISBN 978-4093797733。  - 小学館文庫で再刊、2010年4月 ISBN 978-4094084733
  • 徳岡孝夫 『五衰の人――三島由紀夫私記』 文春文庫1999年11月ISBN 978-4167449032。  - 文春学藝ライブラリーで再刊、2015年10月。ハードカバー版(文藝春秋)は1996年11月 ISBN 978-4163522302
  • 平岡梓 『伜・三島由紀夫』 文春文庫、1996年11月ISBN 978-4167162047。  - ハードカバー版(文藝春秋)は1972年5月 NCID BN04224118。雑誌『諸君!』1971年12月号-1972年4月号に連載されたもの。
  • 三島瑤子藤田三男編 『写真集 三島由紀夫'25〜'70』 新潮文庫2000年11月ISBN 978-4101050911。