平岡萬次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平岡萬次郎

平岡 萬次郎(ひらおか まんじろう、万延元年3月8日1860年3月29日) - 大正12年(1923年12月3日)は、日本弁護士政治家衆議院議員。兵庫県平民[1]

内務官僚平岡定太郎の兄。定太郎の孫に作家・三島由紀夫、外交官・平岡千之がいる。

経歴[編集]

万延元年(1860年)、播磨国印南郡志方村上富木(現在の兵庫県加古川市)の農家に生まれた。父・太吉と、母・つるの長男。

15歳まで、皇道精神を基調とする鼎(かなえ)塾に学ぶ[2]。ここでは忠君愛国の講話が行われた[2]。萬次郎はやがて姫路洋学塾へ進んだ[2]

上京し、明治14年(1881年明治法律学校(現在の明治大学)に入学し、明治16年(1883年)卒業[3]、更に専修学校(現在の専修大学)を卒業。東京京橋区弁護士事務所を開業する[4]

のち石川県専門学校(第四高等学校の前身)の講師となり、明治21年(1888年)まで教鞭を執る。同年、再び東京で弁護士に戻る。

明治31年(1898年)、郷里から衆議院議員に当選する。進歩党に入り、その後、引き続き4回当選する。

大正12年(1923年)2月3日、東京で死亡。

人物像[編集]

  • 萬次郎について『兵庫県人物史』(田住豊四郎編 明治44年発行)によれば、「氏は即ち定太郎氏の令兄にして印南郡志方村の一農家に生れ、夙に学問に志し、東都に出でて、専修学校に入り、明治十六年卒業して直ちに東京に弁護士を開業して居ったが、のち石川県専門学校の講師に聘せられて二十一年迄教鞭を執り、同年再び東京に戻りて弁護士となり、今日に至る[5]。頭脳は明晰では温厚篤実[5]東京弁護士会の先輩として錚々(そうそう)たるものである」[5]。また故郷の地より東京へ出て来る者は必ず氏の門をたたき、それら青年の良き指導者であり、後進子弟の為め甚だ多とすべき人物であった[6]
  • 明治31年(1898年)4月、萬次郎は当時、八丁堀にあった偕楽園貴族院衆議院両院および在郷の志士を集めて[7]遼東半島還付の外交上の方針について協議し、次のようなコメントを発表した。
    帝国は東洋永遠の平和の為め、三国の忠言を容れて遼東の地を清国に還付し、東洋平和の保全を図りたるが、爾来未だ三年ならざるに、彼の忠言を致せるの二国は、帝国に対し切偲したる曩日忠告の言質に反して、清国分割の端を啓くが如き挙動に出て、延いて東洋全体の平和に慮る所なきを得ざらしむ、帝国は三年前の歴史に照し、且つ将来百年の自衛の為めにも、此際決して緘黙を守るべきに非ず、赤心を披きて友国相交るの厚誼に訴へ、大に国際上の本道たる正義の精神を扶植するの挙なかるべからず」(報知新聞 明治31年4月6日)[6]
  • 明治43年(1910年)には菩提寺の真福寺で90日間の大法要がおこなわれているが、このとき萬次郎は「金壱百円也」を寄付し、檀家一同をあつめて1週間のあいだ飲み食いさせている[8]。長男としての責任感もあったろうが、世人に慕われる性格であった[8]

家族・親族[編集]

平岡家[編集]

兵庫県印南郡志方町(現加古川市)、東京都

系図[編集]

初代孫左衛門
 
2代目孫左衛門
 
初代利兵衛
 
2代目利兵衛
 
3代目利兵衛
 
太左衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太吉
 
 
萬次郎
 
 
こと
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公威(三島由紀夫)
 
 
紀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寺岡つる
 
 
桜井ひさ
 
 
萬壽彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定太郎
 
 
 
 
 
 
杉山瑤子
 
 
威一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美津子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井なつ
 
 
 
 
 
 
千之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
むめ
 
 
義之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田中豊蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
儀一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『人事興信録. 4版』(大正4年)ひ三〇
  2. ^ a b c 野坂昭如『赫奕たる逆光』127頁
  3. ^ 「近代デジタルライブラリー - 衆議院議員列伝」551頁
  4. ^ 野坂昭如『赫奕たる逆光』128頁
  5. ^ a b c 「三島由紀夫の無視された家系」(『月刊噂』1972年8月号)54頁
  6. ^ a b 福島鑄郎『再訂資料・三島由紀夫』80頁
  7. ^ この中には田中正造もいた(福島鑄郎『再訂資料・三島由紀夫』)
  8. ^ a b 「三島由紀夫の無視された家系」(『月刊噂』1972年8月号)56頁
  9. ^ 野坂昭如『赫奕たる逆光』83頁
  10. ^ 『人事興信録. 6版』(大正10年)ひ三一

参考文献[編集]

  • 田住豊四郎編 『兵庫県人物史』 1911年
  • 「三島由紀夫の無視された家系」(『月刊噂』1972年8月号)
  • 板坂剛 『極説・三島由紀夫』 (夏目書房、1997年)
  • 安藤武 『三島由紀夫の生涯』(夏目書房 1998年)
  • 猪瀬直樹『ペルソナ 三島由紀夫伝』(文藝春秋、1995年。小学館、2001年)
  • 福島鑄郎『再訂資料・三島由紀夫』(朝文社、2005年)
  • 野坂昭如『赫奕たる逆光』(文春文庫、1991年)