平岩弓枝ドラマシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平岩弓枝ドラマシリーズ』(ひらいわゆみえドラマシリーズ)は、1977年8月10日から1985年3月20日までフジテレビ系列が毎週水曜 21:00 - 21:54 (日本標準時)に編成していたフジテレビ製作のテレビドラマ枠である。

1977年7月までは『水曜ドラマシリーズ』という名の枠であったが、次第に平岩弓枝原作・脚本作品が占めるようになり、1977年8月の『女の河』放送開始を機に『平岩弓枝ドラマシリーズ』と改題された。下記の通り、1クール(3か月)や2クール(半年)以上に及ぶ長編作品や、「日本のおんなシリーズ」などに代表されるオムニバス形式の作品など作品形態はさまざまであった。また、改編期(一般に4・7・10・1月)をまたぐ作品もあった。

放送作品一覧[編集]

  • 女の河(1977年8月10日 - 1978年2月1日)
  • 女の家庭(1978年2月8日 - 5月17日)
  • 火の航跡(1978年5月24日 - 10月25日)
  • 下町のおんな・風子(1978年11月1日 - 1979年1月17日)
  • 結婚のとき(1979年1月24日 - 4月4日)
  • 日本のおんなシリーズ I
    • 夕顔の女(1979年4月11日)
    • 下町の女 めぐる月日(1979年4月18日)
    • 北国から来た女(1979年4月25日)
    • 茜の女(1979年5月2日)
    • 江戸紫の女(1979年5月9日)
    • 藍の女(1979年5月16日)
  • 午後の恋人(1979年5月23日 - 9月12日)
  • 日蔭の女(1979年9月19日 - 12月26日)
  • 女たちの家(1980年1月9日 - 6月25日) - 京塚昌子 主演
  • 結婚の四季(1980年7月2日 - 10月29日)
  • 彩の女(1980年11月5日 - 1981年3月25日)
  • 日本のおんなシリーズ II
    • 春風の中の女(1981年4月1日)
    • 春の島の女(1981年4月8日)
    • 天の花地の星(1981年4月15日)
    • 春の翳(1981年4月22日)
    • 春の都会(1981年4月29日)
  • 女の座(1981年5月6日 - 10月28日) - 京塚昌子 主演
  • 女たちの海峡(1981年11月4日 - 1982年4月7日) - 山本陽子 主演
  • 花の影(1982年4月14日 - 6月2日) - 古手川祐子夏目雅子、山本陽子、若尾文子新珠三千代高峰三枝子杉村春子、京塚昌子のリレー主演[1]
  • 花祭(1982年6月9日 - 10月6日) - 十朱幸代 主演
  • 嫁の座(1982年10月13日 - 1983年5月25日) - 京塚昌子 主演
  • 花ホテル(1983年6月1日 - 9月7日) - 山本陽子 主演
  • 湖水祭(1983年9月14日 - 1984年1月25日) - 多岐川裕美 主演
  • 風祭(1984年2月1日 - 4月25日) - 八千草薫 主演
  • 蝶々さんと息子たち(1984年5月2日 - 6月6日) - 京塚昌子、池内淳子[2] 主演
  • ふたりぼっち(1984年6月13日 - 8月1日)
  • 女の暦(1984年8月8日 - 1985年3月6日)
  • 日本のおんなシリーズ III
    • ニューヨークの恋(1985年3月13日 - 3月20日)

放送局[編集]

系列は放送当時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 製作局
北海道 北海道文化放送 同時ネット
青森県 青森テレビ TBS系列 遅れネット [3]
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局[4]
宮城県 仙台放送 フジテレビ系列 同時ネット
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1981年3月まではフジテレビ系単独加盟局
山形県 山形テレビ フジテレビ系列 同時ネット
→遅れネット
1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局[5]
福島県 福島テレビ 遅れネット
→同時ネット
1983年3月まではTBS系列とのクロスネット局[6]
新潟県 新潟総合テレビ 1981年3月までは日本テレビ系列とのトリプルネット局
1983年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局[7]
長野県 長野放送 同時ネット
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県鳥取県 山陰中央テレビ
岡山県
岡山県・香川県
岡山放送 1979年3月までの放送対象地域は岡山県のみ
1979年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
1979年4月の電波相互乗り入れに伴い香川県でも放送
広島県 テレビ新広島
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
1978年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット局
愛媛県 テレビ愛媛 フジテレビ系列
高知県 テレビ高知 TBS系列 遅れネット
福岡県 テレビ西日本 フジテレビ系列 同時ネット
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
遅れネット [8]
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1982年3月までは日本テレビ系列とのトリプルネット局
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[9]
宮崎県 テレビ宮崎
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
1982年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット局[10]
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列 同時ネット

脚注[編集]

  1. ^ ヒロインの10代から80代までを8人の女優が8人1役で演じた。
  2. ^ 実質ダブル主演だが、クレジットタイトル上ではゲスト出演と但し書きされていた。
  3. ^ 平日夕方にまとめて放送。
  4. ^ 1980年4月のANN離脱脱退・NNSマストバイ局化後には土曜8時30分に遅れて放送。
  5. ^ 1980年3月までは同時ネット。1980年4月以降は『水曜ロードショー』(日本テレビ)がテレビ朝日系列とのクロスネット局になった山形放送から移行して同時ネットになったため遅れネット。
  6. ^ 1983年3月まではTBS同時ネットのため遅れネット。1983年4月のフジテレビ系フルネット局化後には同時ネット。
  7. ^ 1983年9月までは『欽ちゃんのどこまでやるの!?』(テレビ朝日)同時ネットのため遅れネット。
  8. ^ 『水曜ロードショー』(日本テレビ)同時ネットのため遅れネット。
  9. ^ 『欽ちゃんのどこまでやるの!?』(テレビ朝日)同時ネットのため遅れネット。
  10. ^ 1982年9月までは『欽ちゃんのどこまでやるの!?』(テレビ朝日)を、1982年10月以降は『水曜ロードショー』(日本テレビ)をそれぞれ同時ネットのため遅れネット。
フジテレビ系列 水曜 21:00 - 21:54
前番組 番組名 次番組
水曜ドラマシリーズ
(1970年4月1日 - 1977年7月27日)
平岩弓枝ドラマシリーズ
(1977年8月10日 - 1985年3月20日)
今夜のヒットスタジオ
(1985年4月3日 - 1989年9月27日)
※21:00 - 21:02
夜のヒットスタジオDELUXE
(1985年4月3日 - 1989年9月27日)
※21:02 - 22:54
【月曜22:00枠から移動・改題】