平島健司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平島 健司(ひらしま けんじ、1957年9月25日 - )は、日本政治学者で、東京大学社会科学研究所教授。専門は、比較政治学ドイツ政治。

経歴[編集]

大阪府生まれ。東京大学法学部卒業後、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了

1992年東京大学より博士(法学)の学位を受く(学位論文「ワイマール共和国の崩壊の研究」)。

東京大学法学部助手東京大学社会科学研究所助教授を経て、2000年から現職。この間、コンスタンツ大学コーネル大学で在外研究を行う。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ワイマール共和国の崩壊』(東京大学出版会, 1991年)
  • 『ドイツ現代政治』(東京大学出版会, 1994年)
  • 『EUは国家を超えられるか――政治統合のゆくえ』(岩波書店, 2004年)
  • 『ドイツの政治』(東京大学出版会, 2017年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『政治空間の変容と政策革新(2)国境を越える政策実験・EU』(東京大学出版会, 2008年)

共編著[編集]

  • 馬場康雄)『ヨーロッパ政治ハンドブック』(東京大学出版会, 2000年、第2版2010年)

訳書[編集]