平州 (河北省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平州(へいしゅう)は、中国にかつて存在した北魏から金代にかけて、現在の河北省秦皇島市一帯に設置された。

概要[編集]

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、北平郡が廃止されて、平州に編入された。平州は盧龍県1県を管轄した。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、平州が北平郡と改称された[1]

619年武徳2年)、により北平郡は平州と改められ、臨渝肥如の2県を管轄した。742年天宝元年)、平州は北平郡と改称された。758年乾元元年)、北平郡は平州と改称された[2]

923年天賛2年)、契丹後唐の平州を攻め落とした[3]の平州は南京道に属し、遼興軍が置かれた。平州は盧龍・安喜望都の3県を管轄した[4]

1123年天輔7年)、金の阿骨打が遼の平州節度使の立愛を降した。平州は南京と改められた[5]1126年天輔7年)、南京が平州にもどされた[6]。平州は中都路に属し、盧龍・撫寧海山遷安昌黎の5県を管轄した[7]

1215年モンゴル帝国の史天倪が平州を奪い、金の経略使の乞住を降した[8]。この地に興平府が置かれた。1300年大徳4年)、成宗により永平路と改められた。永平路は中書省に属し、4県1州州領2県を管轄した[9]

1369年洪武2年)、洪武帝により平灤府と改められた。1371年(洪武4年)、永平府と改められた。永平府は1州5県を管轄した[10]

のとき、永平府は直隷省に属し、1州6県を管轄した[11]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志中
  2. ^ 旧唐書』地理志二
  3. ^ 遼史』太祖紀
  4. ^ 『遼史』地理志四
  5. ^ 金史』太祖紀
  6. ^ 『金史』太宗紀
  7. ^ 『金史』地理志上
  8. ^ 元史』太祖紀
  9. ^ 『元史』地理志一
  10. ^ 明史』地理志一
  11. ^ 清史稿』地理志一