平成元年秋雨前線豪雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平成元年秋雨前線豪雨
発災日時 1989年8月31日 - 9月16日
災害の気象要因 秋雨前線低気圧
気象記録
最多雨量 日降水量が長崎県上五島町で418mm
人的被害
死者
20人
負傷者
24人
建物等被害
全壊
31棟
半壊
41棟
床上浸水
26,777棟
床下浸水
44,668棟
テンプレートを表示

平成元年秋雨前線豪雨(へいせいがんねんあきさめぜんせんごうう)[1][2]は、1989年8月31日から9月16日にかけて、前線の停滞により発生した豪雨である。

概要[編集]

1989年8月31日から9月16日にかけて、前線が日本付近に停滞し、各地で大雨となった[3]

8月31日から9月1日には、東シナ海から日本列島に近づいた前線上に低気圧が発生し、日本海を北東進した。この間、低気圧から南西に伸びる前線の活動が活発化し、九州など西日本各地で大雨となった。 3日から4日にかけて、前線が東進したため3日に静岡県静岡市梅ケ島で日降水量317mm、山梨県上九一色村で日降水量310mm、大阪府熊取町で日降水量195mmを観測するなど、東日本北日本近畿地方で大雨となった。 このため大阪府兵庫県で多数の浸水被害があった。5日から6日には、前線は東北地方南部まで北上し、岐阜県根尾村樽見で日降水量が305mmとなるなど、東北地方の太平洋側と北陸中部・近畿・四国地方で大雨となった[3]

8日から16日にかけて前線は日本海側沿いに停滞。12日から15日にかけては前線の活動が活発化し、12日には長崎県上五島町で日降水量418mm、13日には高知県本山町で日降水量345mmとなるなど、西日本から中部地方で大雨となった[3]

被害[編集]

一連の豪雨により、全国で死者20人、負傷者24人、全壊・半壊72棟、浸水71,445棟などの被害となった[3]

脚注[編集]

  1. ^ 風 水 害 等 対 策 編 - 芦屋市”. www.google.com. 2020年6月12日閲覧。
  2. ^ 飯島町地域防災計画 資料編”. docsplayer.net. 2020年6月12日閲覧。
  3. ^ a b c d 前線、低気圧 平成元年(1989年) 8月31日~9月16日”. www.data.jma.go.jp. 2020年6月12日閲覧。