平成11年台風第16号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
台風第16号(Zia、ジア)
トロピカル・ストームSSHWS
台風第16号
台風第16号
発生期間 1999年9月14日 15:00
15日 15:00
寿命 1日
最低気圧 985hPa
最大風速
(日気象庁解析)
23 m/s (45 knot)
最大風速
米海軍解析)
45 knot
被害総額
死傷者数 死者7名、行方不明者1名、負傷者11名
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示
経路図

平成11年台風第16号(へいせい11ねんたいふうだい16ごう、国際名:ジア〔Zia〕)は、1999年(平成11年)9月に九州に上陸し、西日本に被害をもたらした台風である。

概要[編集]

のちに台風第16号となる熱帯低気圧9月11日に日本の南海上で発生した。当初、この熱帯低気圧は台風に発達することはないと予想されていたが、九州地方に接近するにつれて発達し、9月14日には九州の南海上へ進んでいた。しかし、台風の中心が都井岬の南海上に達したときに中心付近の最大風速が17.2m/sを超え、同日15時に台風第16号となり、17時に中心気圧985ヘクトパスカルの勢力で宮崎県南部に上陸した。

台風は宮崎県を北上した後、翌9月15日3時頃愛媛県宇和島市に再上陸。同日10時頃兵庫県明石市に再上陸し、近畿地方から中部地方へと進み同日15時に熱帯低気圧に変わった。

台風第16号のように陸地に近い海域で熱帯低気圧が台風に昇格した例は、この他に平成16年台風第11号や平成21年台風第9号などが挙げられる。

被害[編集]

  • 死者7名、行方不明者1名、負傷者11名

関連項目[編集]