平成2年台風第19号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
台風第19号(Flo、フロー)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
台風第19号(9月17日)
台風第19号(9月17日)
発生期間 1990年9月13日 9:00
9月20日 15:00
寿命 7日6時間
最低気圧 890 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
60 m/s (120 knot)
最大風速
米海軍解析)
145 knot
被害総額 1,322億円
死傷者数 死者42人、行方不明者2人、負傷者197人
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成2年台風第19号(へいせい2ねんたいふうだい19ごう、国際名:フロー/Flo)は、1990年9月紀伊半島に上陸し、日本列島を縦断して大きな被害を出した台風である。台風は秋雨前線を刺激したため、風害も去ることながら大雨による災害が目立った。

概要[編集]

進路図

1990年9月13日9時に、グアム島の南東海上で発生した台風19号は、発達しながら北西へ進み、17日には沖縄の南東海上で急激に成長し、中心気圧890hPa・最大風速60m/sという猛烈な勢力となった[1]。 ちなみに、ピーク時の最低気圧は、速報段階では910hPaとされていたが、後に米軍機の観測によるデータによって、890hPaに訂正された。900hPa未満の中心気圧が観測されたのは、1987年台風9号以来であった。その後台風は北東に進み、19日20時過ぎ、中心気圧945hPa・最大風速45m/sという非常に強い勢力で、和歌山県白浜町付近に上陸。当初は18日にも西日本に上陸するという予想であったが、進行速度が落ちたために19日の20時過ぎにもつれ込んだ。そして、勢力を次第に弱めながら北陸地方東北地方を経て、20日12時前に岩手県宮古市付近から三陸沖へ進み、温帯低気圧へと変わった[2]

この台風は、気象庁の観測では平成に入って最強の台風の1つでもあったため、気象庁は1961年の第2室戸台風以来となる強い台風として警戒を呼びかけた[3]

その一方で、11から15日にかけて、秋雨前線本州上をゆっくりと南下したため、前線が台風に刺激されて活動が活発化し、一部で竜巻を伴った大雨となった。栃木県壬生町宇都宮市では台風に誘発されて発生した竜巻により、全半壊67棟、負傷者25人の被害となった[4]。台風が沖縄近海に達した17日頃から、九州地方四国地方紀伊半島などで強い雨が降りだし、台風が通過する20日まで、鹿児島県(特に奄美大島)や岡山県などを中心に全国各地で大雨が降り、それに伴う災害が発生。高知県では1時間に70mmを超える激しい雨が降ったほか、期間降水量は、四国地方や紀伊半島の山沿いの一部で900~1,100mmに達し、兵庫県豊岡市で515.5mm、愛媛県伊予三島市で569mmとなったほか、四国地方や中国地方近畿地方東海地方の広い範囲で平野部でも200~400mmに達した。また東北地方でも、北部を中心に期間降水量が200~300mmになった[2]

台風が強い勢力で通過したため、高知県室戸市室戸岬で最大風速43.3m/s(最大瞬間風速61.2m/s)を記録したほか、南西諸島や九州地方から東海地方にかけて、一部で最大風速が20~30m/sとなった。20日には、静岡県石廊崎で8.07mの有義波高を観測している[2]

ちなみに、同じく「台風19号」である、この翌年の台風が一般的に「風台風」とされているのに対して、こちらは「雨台風」であったというイメージが浸透しているが、両方共に混同されやすい。

なお、この年は太平洋高気圧の勢力が例年以上に強く、秋以降になっても後退しなかったため記録的な暖秋となっていた。そのため、台風が日本列島に接近しやすい状態になっており、台風19号が上陸した11日後の9月30日には台風20号10月8日には台風21号、12月間近の11月30日には台風28号が類似する進路でそれぞれ和歌山県に上陸した。

最大風速(気象庁解析・10分間平均)
順位 台風 国際名 最大風速 (kt)
1 昭和54年台風第20号 Tip 1979年 140
2 平成25年台風第30号 Haiyan 2013年 125
平成22年台風第13号 Megi 2010年
昭和57年台風第10号 Bess 1982年
5 令和2年台風第19号 Goni 2020年 120
平成28年台風第14号 Meranti 2016年
平成3年台風第28号 Yuri 1991年
平成2年台風第19号 Flo 1990年
昭和61年台風第3号 Lola 1986年
昭和60年台風第22号 Dot 1985年
昭和59年台風第22号 Vanessa 1984年
昭和58年台風第5号 Abby 1983年
昭和57年台風第21号 Mac 1982年
昭和56年台風第22号 Elsie 1981年
昭和55年台風第19号 Wynne 1980年
昭和53年台風第26号 Rita 1978年

被害[編集]

大雨インパクト指数が大きい台風
順位 台風 国際名 大雨指数
1 平成23年台風第15号 Roke 2011年 10000
2 平成29年台風第21号 Lan 2017年 8527
3 平成30年台風第7号 Prapiroon 2018年 8491
4 平成16年台風第23号 Tokage 2004年 8427
5 昭和51年台風第17号 Fran 1976年 8366
6 平成17年台風第14号 Nabi 2005年 7885
7 平成2年台風第19号 Flo 1990年 7833
8 昭和54年台風第20号 Tip 1979年 7451
9 平成23年台風第12号 Talas 2011年 6863
10 平成19年台風第4号 Man-yi 2007年 6859
総合インパクト指数が大きい台風
台風番号 国際名 総合指数
1 平成30年台風第24号 Trami 2018年 14740
2 平成16年台風第23号 Tokage 2004年 14254
3 平成17年台風第14号 Nabi 2005年 14193
4 平成29年台風第21号 Lan 2017年 13763
5 平成23年台風第15号 Roke 2011年 13757
6 平成16年台風第18号 Songda 2004年 13150
7 昭和54年台風第20号 Tip 1979年 12792
8 平成16年台風第16号 Chaba 2004年 12204
9 平成2年台風第19号 Flo 1990年 11799
10 平成30年台風第7号 Prapiroon 2018年 11208
被害額が多い台風(日本)
順位 名称 国際名 被害額
1 昭和57年台風第10号 Bess 1982年 5,916億円
2 平成3年台風第19号 Mireille 1991年 5,735億円
3 昭和56年台風第15号 Thad 1981年 2,272億円
4 昭和51年台風第17号 Fran 1976年 2,080億円
5 平成5年台風第13号 Yancy 1993年 1,755億円
6 平成11年台風第18号 Bart 1999年 1,631億円
7 平成2年台風第19号 Flo 1990年 1,322億円
8 昭和60年台風第6号 Irma 1985年 1,303億円
9 平成16年台風第18号 Songda 2004年 1,262億円
10 昭和57年台風第18号 Judy 1982年 1,258億円

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デジタル台風:台風199019号 (FLO) - 詳細経路情報(Google Maps版)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 前線、台風第19号 平成2年(1990年) 9月11日~9月20日”. www.data.jma.go.jp. 2020年4月28日閲覧。
  3. ^ a b c 巨大台風の謎 1991”. 2020年4月10日閲覧。
  4. ^ 宇都宮地方気象台 栃木県の主な気象災害
  5. ^ a b c デジタル台風:台風199019号 (FLO) - 災害情報”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月10日閲覧。